2008年09月10日

朝原、夫婦で京都市役所を訪問

朝原、夫婦で京都市役所を訪問

 夫婦メダリストで凱旋だ。北京五輪の男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した朝原宣治(36=大阪ガス)が10日、京都市役所を訪問。門川大作市長(57)からスポーツ栄誉賞の表彰を受けた。シンクロナイズドスイミングの92年バルセロナ五輪銅メダリストで今年6月から同市の教育委員を務める妻史子さん(36)も同席した。

 朝原は「メダルは僕1人でとったのではなく、たくさんの支援のおかげ。引退したら後に続く選手の育成やスポーツ振興に携わりたい」とあいさつ。史子さんは「去年(8月の世界選手権後に)やめなくてよかった」と笑顔で話した。

 表彰には元伏見工高ラグビー部監督で「泣き虫先生」こと山口良治氏(65)も同市のスポーツ政策顧問として出席。「最後をあの形で終われてよかった」とねぎらっていた。

朝原、夫婦で京都市役所を訪問 - スポーツニュース : nikkansports.com」より引用



神戸新聞|スポーツ|陸上・朝原の県民報告会 神戸で11日

五輪の活躍たたえる 朝原選手らに大阪市長特別表彰 - 大阪日日新聞

朝原選手ら8人 特別表彰 : 大阪 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

朝原「自分にありがとう」23日スーパー陸上で引退:社会:芸能・社会:スポーツ報知大阪版
posted by 西大路丸太 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報・ニュース

太田選手に歓声と拍手 母校の龍大平安中高で祝勝歓迎会

太田選手に歓声と拍手
母校の龍大平安中高で祝勝歓迎会


 北京五輪のフェンシング・男子フルーレ個人で銀メダルに輝き、同競技で日本人初のメダリストとなった太田雄貴(京都ク)が10日、母校の龍大付属平安中高(京都市下京区)の祝勝歓迎会に招かれ、生徒たちに「打ち込むことが一つあれば、人生は開ける」と熱く語りかけた。

 約800人が集まった講堂にメダルを首に下げた太田が登場すると、生徒たちは歓声と拍手で迎えた。後輩への言葉を求められた太田は「フェンシングのようなマイナー競技でも懸命にやれば成功するのだから、文学や芸術、どんなことでも成功できる。凡人のぼくができたからみんなもできる」と呼びかけた。
 歓迎会に先立ち、太田は母校の同大を訪れ、銀メダル獲得を八田英二学長に報告した。京都府代表として出場する大分国体のフェンシング(12日から)については「あまり練習時間を取れなかったが、集中力で戦いたい」と力を込めた。

太田選手に歓声と拍手 母校の龍大平安中高で祝勝歓迎会 - 京都新聞」より引用


太田雄貴 - Wikipedia

スポーツナビ | 北京五輪への道 | 北京の星 | 太田雄貴(フェンシング)

太田歴史を変えた銀メダル/フェンシング - 北京オリンピック フェンシング : nikkansports.com

太田雄貴(フェンシング) 北京五輪 選手名鑑 スポニチ Sponichi Annex

太田 雄貴(おおた ゆうき) - JOC - オリンピック
posted by 西大路丸太 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報・ニュース


ひらめき【JTB】京都のホテル予約ならJTBで!ぴかぴか(新しい)