2008年09月11日

保津川筏流し60年ぶりに再現 亀岡のNPOなど

保津川筏流し60年ぶりに再現
亀岡のNPOなど


 平安京造営用の木材を送るなど都を支えた保津川の水運を再現する「保津川筏(いかだ)復活プロジェクト」が10日、京都府亀岡市保津町で行われ、丸太を組んだ筏が約60年ぶりに保津川を下った。汗ばむほど強い日差しの下、保津川遊船企業組合の船頭6人が、筏に乗り約2キロ下流まで穏やかに流した。

 筏流しの再現を通して歴史や森林資源の大切さを学んでもらおうと、地元のNPO法人(特定非営利活動法人)や府、亀岡市文化資料館などでつくる同プロジェクト連絡協議会が主催した。今年5月から、元筏師の上田潔さん(88)=保津町=と酒井昭男さん(81)=同=への聞き取り調査など、準備を進めてきた。

 この日午前から、同組合の船頭や保津小(保津町)の児童、南丹高(同市馬路町)の生徒たちが協力、全長18メートルの6連の筏を組み上げた。同小の2年から6年までの児童約70人と同高の生徒約10人は、川に浮かべた筏に乗る体験もした。

保津川筏流し60年ぶりに再現 亀岡のNPOなど - 京都新聞」より引用




ラフティング ツアー は 京都・保津川で、ラフティング初心者大歓迎 -関西・近畿

京都 湯の花温泉 松園荘保津川亭 亀岡の旅館

京都市 観光 嵐山 嵯峨野トロッコ列車
posted by 西大路丸太 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19197665

この記事へのトラックバック


ひらめき【JTB】京都のホテル予約ならJTBで!ぴかぴか(新しい)