2006年02月12日

天下一品

天下一品(てんかいっぴん)は京都府京都市が発祥のラーメンチェーン店である。天一(てんいち)と省略して呼ばれることも多い。代表的な京都のラーメンの一つである。創業者は木村勉。昭和46年頃より木村の始めた屋台のラーメンを試行錯誤の末独特の味が完成。その味が京都の学生に愛され人気店に成長していった。現在では全国に店舗が広がり、京都に自社製造工場も備えるようになった。

本店は京都市左京区一乗寺築田町94にある。叡山電鉄茶山駅から徒歩10分ほど。観光ガイドにも掲載され全国各地からファンが訪れている。

<独特のラーメン>
木村が当初屋台で始めたラーメンはどこにでもある醤油ラーメンであった。なんとか客足を伸ばそうと屋台仲間からスープを教わったり試行錯誤の末ついに独特のスープが完成する。

天下一品のラーメンスープは「こってり」(名古屋等「スタミナ」と呼ぶ店もあり)と「あっさり」の二種類から選ぶことができる。
鶏と野菜から作ったこってりのスープはコラーゲンでドロドロでポタージュのようなスープと称される。「ドロドロ」の正体については、コラーゲンだけでなく、持ち帰り用のスープパックの成分表記から米粉ではないかといわれているが、定かではない。店内には鍋に入ったスープと「健康食品」と描かれたポスターが貼られている。 通常は注文時にニンニクの有無を聞いてくるが、店舗によっては「抜き」と言わないと自動的にニンニク入りがでてくることがある。また特に指定しないとこってりが出てくる場合もあるので注意が必要。

創成期である屋台の頃からの熱狂的ファンが多い。初期は「こってり」しかなく、当然選択肢はなかったので彼らには「あっさり」という概念は無い。ファンの多くは学生時代を京都で過した者が多く、彼らが全国へ広め、また地元にも天一の出店を望み全国展開への足がかりとなった。逆に全国展開してからのファンも各界に多くいる。

「あっさり」は「こってり」に合わない人には普通のラーメンとして楽しむことができる。またあまりにもインパクトが強い為、敬遠する者も多く、好みのはっきりと別れるラーメンである。たいてい「あっさり」を頼むのは熱狂的ファンと一緒に来店した女性が多い。

また、「こってり」と「あっさり」のスープを半々に混ぜた「2号」(別名「屋台ラーメン」あるいは「マイルド」)というのもある。もともとは、"裏メニュー"だったが(ちなみに「こってり」が「1号」、「あっさり」が「3号」で、厨房の符丁)、最近多くの店でメニューに記載されるようになった。メニューに記載がない店でも、「中間」あるいは「二番」と言えば、大抵は作ってくれる。

2004年1月に新メニューとして、「味がさね」と言う自分で濃度を調整できる味噌ラーメンが加わった。

オリジナルの「ラーメンのたれ」があり、味の微調整をすることができる。店舗によってはおいてない所もある。

テレビCMには、河内家菊水丸や筒井康隆が出演。最近はベッキー(「味がさね」のイメージキャラクター)が出演したバージョンも放送されている。

<天一の日>
毎年10月1日は天一の日として前後1ヶ月ほど各店舗でキャンペーンが行われる。2005年はスピードくじが行われ、本皮ストラップや100円引き券などが当たった。過去はドンブリなどの景品があった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E4%B8%8B%E4%B8%80%E5%93%81」より引用

天下一品 公式ホームページ:
http://www.tenkaippin.co.jp/

天下一品 テレビCM(ベッキー出演)
http://www.tenkaippin.co.jp/yatai/aji_cm/ajigasane1.wmv
http://www.tenkaippin.co.jp/yatai/aji_cm/ajigasane2.wmv
posted by 西大路丸太 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(ラーメン・中華)

2006年02月10日

中国菜館 青冥 祇園店

中国菜館 青冥 祇園店
気軽に手軽に気の合う仲間とスマート宴会☆大人の味を愉しむならここ、祇園『青冥』へ。

◆窓から見える祇園の夜景も最高。しかも祇園にありながら本格中国料理をリーズナブルに味わえるのも嬉しい!!
◆クーポンは、なんと!!大人のための宴会コースが4000円。会社の同僚同士、又は女の子会に使って◎祇園でちょっと優雅にお食事会なんかおしゃれでしょ!?それに遅くまでOKなので三次会に使ってもOK。22時以降はお会計より10%OFFになります☆
◆本格中国料理が身近に。どこか遠い存在のように思われていた食材をリーズナブルなお手ごろ価格で味わえ、しかも美味しい!!清潔感漂う店内に一歩足を踏み入れると、胡麻油のいい香りが体を包み込んでくれます。知らず知らずのうちに、箸に手が伸び気が付いたらもうお腹一杯♪最後のデザートまであっという間に時間が過ぎて行きます。

●料理
●ドリンク
●コース
●地図
●クーポン

posted by 西大路丸太 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(ラーメン・中華)


ひらめき【JTB】京都のホテル予約ならJTBで!ぴかぴか(新しい)