2007年12月09日

misono

misono(みその、本名:神田 美苑 - こうだ みその、1984年10月13日 - )は日本の歌手、女優、タレント。

day after tomorrowのヴォーカルと作詞担当で、活動休止後の2006年にはソロデビュー。京都府京都市伏見区出身、京都両洋高等学校中退。歌手の倖田來未は実姉である。身長154cmで姉と同じ背丈。


<来歴>
・かつては沖縄アクターズスクール大阪校および沖縄本校に在籍しており、当時はトップ集団であるB.B.WAVESに属していた。

・2002年8月7日にday after tomorrow(以下、datと略)としてデビュー。デビューに繋がったきっかけは「あたし、歌がめちゃくちゃ上手いんですよ。(当時datプロデューサーの)五十嵐さんにいい声だからどうしてもデビューして欲しいってお願いされちゃったんですよ」(当時のテレビ朝日『ミュージックステーション』より)。

・このプロデューサー・五十嵐充や所属事務所、さらに「ポスト浜崎あゆみ」を求めていた所属レコード会社avex traxからの厚いバックアップを受けたdatは「期待の大型新人」として大々的に売り出され、積極的なテレビ出演で知名度を上げていった。年末には日本レコード大賞・新人賞を受賞。2003年の夏頃からオリコンチャート上位の常連になり、6thシングル『moon gate』、7thシングル『Dear Friends/It's My Way』は最高位2位を記録した。

しかし、2005年7月をもってdatは活動を休止。理由については「メンバー個人の音楽活動のステップアップ」のためと発表されたが、同年の北野とSAYAKAのゴシップ騒動や、現在レギュラー出演しているラジオ番組『ゴチャ・まぜっ!金スペ』において「まだ仲の良かった頃・・・」という表現をしていることから、メンバー間の人間関係にも問題を抱えていたことが伺える。

・2006年3月29日、シングル「VS(ヴァーサス)」でソロデビュー。datの活動休止からソロデビューに至るまでに、misonoは歌を歌う場所を失う事への怖さを知り、ある意味挫折を味わったと語っている。「今まで(dat)は、皆に好かれる、笑顔・前向き・元気いっぱい、自信に満ち溢れた理想の自分だったけれど、実はネガティブな一面もあったり、普通の女の子であり、今まで隠していた弱い自分もいる。葛藤の末、どちらも本当の自分なんだ、隠さずに受け止めよう」という想いがデビュー曲「VS(ヴァーサス)」に表れている。PVでは、2人のmisonoが戦っている。

・2006年には岡本真夜のヒット曲「TOMORROW」をカヴァーし、グリコ乳業「カフェオーレ」のCMに7月より起用されていた。当初は CM のみで流され CD 収録はないものと思われたが、11月1日発売のシングル「ラブリー♥キャッツアイ」にc/w曲として収録される事となった。

・ソロデビューと並行してタレント活動も展開、姉譲りの話術と突っ込みもお笑い芸人並みの才能を発揮している。


<ダイエット企画>
・day after tomorrowとしてのデビュー当初はそのアイドル的な容姿にも注目を集めていたmisonoだが、デビュー後半年を過ぎた頃から肥満が始まり、ビジュアル面にも大きな影響が現れるようになる。このため2006年9月、たかの友梨ビューティークリニック・MTVジャパンとのタイアップによるテレビ公開ダイエット企画を発表。その模様はリアリティ番組『MTV Girls meet Beauty supported by Takano Yuri』として10月5日より放送されていた。

・ダイエットにあたり、現時点での体重・体脂肪率等の情報を公開。デビュー時42kgだった体重は56.2kgにまで増加し、体脂肪率は32.1%にまで達していたことが明らかになった。また、上半身裸のセミヌードも初めて公開した。


<姉・倖田來未との関係>
・実姉の倖田來未は2000年にデビューしていたが、ヒット作はファイナルファンタジーX-2のテーマソング『real Emotion/1000の言葉』(2003年)のみで人気が伸び悩んでいた。一方、datとして遅れてデビューしたmisonoは姉に先がけてブレイクを経験し、デビューから半年で日本レコード大賞・新人賞を受賞。これについてmisonoは後に「当時はお姉ちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいだった」と語っていたが、その後、倖田は16thシングルの『Butterfly』(2005年)で日本レコード大賞を受賞するなど大ブレイク。dat活動休止後、なかなか次の活動が見えないままにあったmisonoと完全に立場が逆転してしまった。

・misonoはこのことに関して「お姉ちゃんの気持ちがやっと分かった」と複雑な心境を語っている。ただし姉妹仲は良く、お互い「いつか2人で組みたい」とも語っている。また、姉が「エロかっこいい」をモットーにしていることに対しては、「お姉ちゃんは(肌を)出してナンボ。私はお姉ちゃんが武器にしている部分(胸)は出来るだけ隠したいんです」と発言。「女性として姉に勝っているところは?」との質問に「ない」と即答するなど、姉は姉、自分は自分と割り切っているようで、「私は『永遠の妹』キャラで勝負したい」と発言している。

misono - Wikipedia」より引用



misono Official Web Site


misono Official Blog「miso脳☆misoKnoW」 Powered by アメブロ
posted by 西大路丸太 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都出身の有名人

2007年12月07日

柱谷哲二

柱谷 哲二(はしらたに てつじ、1964年7月15日-)は京都市出身のサッカー選手、指導者。現役時代のポジションはディフェンダー、守備的ミッドフィールダー。兄にサッカー選手の柱谷幸一がいる。

京都商業高校(現・京都学園高校)→国士舘大学。現役時代は日産自動車(現・横浜F・マリノス)・ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)・日本代表において、DF・守備的MFで活躍した。Jリーグ選手協会初代会長でもある。


<来歴>
2002年、岡田武史監督の後任に推薦されて、コーチ資格取得後、直ぐにコンサドーレ札幌監督に就任した。ところが、外国人選手補強などに失敗して、チームの成績・財政を悪化させたため1stステージ第7節終了後に解任された。(コンサドーレはその年J2へ降格。)

その後、国士舘大のコーチに就任するが、天皇杯で国見高校に敗れる失態を見せる。

2003年に浦和レッドダイヤモンズのコーチに就任し、主にサテライトを中心に指導する。2006年には東京ヴェルディ1969コーチに就任。

2008年からは東京Vの監督に就任。

<個人タイトル>
1993年 - ベストイレブン
1994年 - ベストイレブン
1995年 - ベストイレブン
1999年 - 功労選手賞

柱谷哲二 - Wikipedia」より引用



東京ヴェルディ1969 | Tokyo Verdy 1969



【予約】東京ヴェルディ1969J1復帰記念フォトフレーム


【予約】東京ヴェルディ1969 J1復帰記念ペナント


東京ヴェルディ1969 ホーム ユニフォーム
posted by 西大路丸太 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都出身の有名人

2007年12月04日

ギャル曽根

ギャル曽根(ギャルそね、1985年12月4日 - )は、日本のタレント、フードファイター、グルメコメンテーター。本名、曽根 菜津子(そね なつこ)。京都府舞鶴市出身。

ギャルソネと表記されることもある。ワタナベエンターテインメント所属。キャッチコピーは「大食いクイーン」。


<来歴>

・京都府立西舞鶴高等学校卒業。調理師免許所持。
・身長162cm、体重45kg。
・地元でアパレル関連の仕事をしていたが、2005年から大食いのテレビ番組に出演するようになり、2006年の『元祖!大食い王決定戦 新爆食女王誕生戦』、2007年の『元祖!大食い王決定戦 新爆食女王限界死闘編』(テレビ東京)などで優勝。『ラジかるッ』、『大笑点』(日本テレビ)では、同じく大食いのジャイアント白田(白田信幸)と大食い対決している。
・当初は素人としての番組出演だったが、2006年に大手芸能事務所のワタナベエンターテインメントと契約してタレント活動を始めた。2007年4月に、辻希美(妊娠脱退により安倍麻美が参加)、時東ぁみと共に藤田志穂のプロデュースによるパラパラギャルユニット・ギャルル結成を発表。曽根は「そねね」として登場した。初代リーダー辻の脱退により、二代目リーダーとなる。


<人物・エピソード>

・家族は母と姉と弟。大食いは家族や母から受け継がれたものであり、母の料理は普段から量が多く家族も皆沢山食べていたこともあって、幼い頃から大食いであった[1][2]。父は地元企業の社長で豪邸に住む等裕福な生活だったが、小学校3年の時にギャンブルで借金を作った事が原因で離婚し、裕福から一転し質素な生活を余儀なくされた。しかし、母はそれでもめげずに大食い料理を作っており、高校生時代3年間付き合っていた彼氏を度々自宅に招き、家族と食事を共にした際、母は「男の子は沢山食べるでしょう!」と、ハンバーグ合計7枚などの大量の食事でもてなした事もあった。
・中学校時代、姉と共に陸上部に所属し、複数の市民マラソンに出場しては姉妹揃って1位・2位を取っており、地元の市民マラソン常連者の間では、市民マラソン荒らしの異名を取っていた。
・憧れの芸能人は浜崎あゆみで、中村有志が命名した芸名の通り、ギャル系メイクが特徴。大食い対決の途中でメイクを直したことがある。
・他の大食い選手が必死の形相で手当たり次第に食物を口に詰め込むことが多いのに対し、好きなものばかりをよく噛みながらマイペースで美味しそうに口に運ぶ、大食いとしては異色な(食事としては健全な)行動が目を引き、人気を博す(なお、大食い対決・大会以外の食事も同様のスタイルである)。
・マヨネーズを常に携帯しているという「マヨラー」でもあることからギャルマヨとも呼ばれている。3日で1本消費するといい、いつも箱買いしている。
・大食いタレントとしては珍しく食べ物の好き嫌いが多いのが特徴。好物は、大トロ・特上カルビ・ウニ・卵料理・ピンクレモネード・爽健美茶・アクエリアスなど。不得手は、蕎麦・魚介類(カニ・魚を除く)・数の子・レバー ・豆腐・こんにゃく・メロン・ココナッツなど。


<身体関係>

・2007年7月17日放送のラジかるッにて内臓(胃)のレントゲン写真が本人不在ながら公開されていた。通常時は普通の人とさほど変わらない胃の大きさであるが(同年7月22日行列のできる法律相談所でも同様の本人談有)、大食い時はほぼ全面胃しか写っていない状態に見えるほどかなり大きく膨れ上がっていた(なお、他の内臓は背中方面に押し寄せられてしまうと西川史子が説明していた)。その時の外見は同番組の大食い対決コーナーで何度か映っている様にまるで妊婦の様になっている。2007年9月29日放送オールスター感謝祭では、食前のウエストが約63cm(服を着た上から計測)だったのに対し、食後に計測した際には83cmと20cmも膨れ上がっていた。
・テレビ番組では彼女の内臓について医学的検証を複数の医療機関の協力の元にて行っている。それによると、ビフィズス菌がきわめて多いこと(腸内細菌の検査をしたところ、一般女性の平均は10%〜15%に対し、50%以上をビフィズス菌が占めることが判明、「生まれたての赤ちゃんのよう」と評された)。食べても血糖値がほとんど上がらず脳内の満腹中枢が刺激されないこと、普通の人は寝るときは体の代謝が少なくなるが、サーモグラフィーによる調査では寝ているにも変わらず体の活動が起きているのと同じ状態に近いこと、などの特徴が挙げられている。実際に糖の検査に当たった医師は「50年近く医療に携わってきた医師として、極めてまれなケース」と証言している。
・2007年8月28日、右臀部骨折が発覚。軽症のため自然治癒にまかせた。仕事のスケジュールに影響無し。


<大食い対決・大会関係>

・勝ち負けよりも「自分の食べたいように食べる」ことにこだわるようである。
・2005年10月23日放送の『元祖!大食い王決定戦』における食パン大食い対決では、ジャムを大量に使い、食パン7斤=2.33kgを食べるのにジャム1kg以上を用いた(バター、ジャムなどは好きに付けて良いルールとなっていたが、その重量はカウントしないルールである)。この勝負では最後の一枠で勝ち残ったが、負けとなる最下位との差はわずか6gであった。
・同番組での蕎麦対決では、競技の終盤で蕎麦に飽きてしまい、おかずの天ぷらのみを食べ、勝負に負けてしまった(食パンと同様、蕎麦のザルの枚数のみがカウントされ、天ぷらは競技の対象外だった)。競技終了後も、蕎麦のみを食べた隣の選手が残した天ぷらを食べており、余力を残して負けると言う大食いでは珍しい負け方をしたことにより、勝ち負けにこだわらない姿勢が注目を集めた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%AB%E6%9B%BD%E6%A0%B9」より引用



WE!マイページ: ギャル曽根(ワタナベエンターテインメントの公式プロフィール)



TNX ギャルル/Boom Boomめっちゃマッチョ!


2007年12月25日発売喰いしん坊! 第2巻 大喰い苦闘編

posted by 西大路丸太 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都出身の有名人

2007年06月09日

ギャル曽根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ギャル曽根(ギャルそね、1985年12月4日 - )は、日本の女性タレント。ギャルソネと表記されることもある。

本名:曽根 菜津子(そね なつこ)。京都府舞鶴市出身、兵庫県姫路市在住。ワタナベエンターテインメント所属。身長162cm、体重45kg。調理師免許取得者。

大食いタレント・フードファイターとして注目を集めている。

<来歴>

大食いは中学時代から始めた(自分が大食いであると自覚したのは高校生時代)が、日常生活において、大食というわけではない。おにぎりか菓子パン一個で一日を過ごしてしまう事もあるという。

2005年から大食いのテレビ番組に出演するようになり、2006年の『元祖!大食い王決定戦 新爆食女王誕生戦』、2007年の『元祖!大食い王決定戦 新爆食女王限界死闘編』(テレビ東京)などで優勝。『ラジかるッ』、『大笑点』(日本テレビ)では、同じく大食いのジャイアント白田(白田信幸)と大食い対決している。当初は素人としての番組出演だったが、2006年に大手芸能事務所のワタナベエンターテインメントと契約してタレント活動を始めた。2007年4月に、辻希美(妊娠脱退により安倍麻美が参加)、時東ぁみと共に藤田志穂のプロデュースによるパラパラギャルユニット・ギャルル結成を発表。曽根は「そねね」として登場した。初代リーダー辻の脱退により、二代目リーダーとなる。

<人物・エピソード>

憧れの芸能人は浜崎あゆみで、中村有志が命名した芸名の通り、ギャル系メイクが特徴。大食い対決の途中でメイクを直したことがある。他の大食い選手が必死の形相で手当たり次第に食物を口に詰め込むことが多いのに対し、好きなものばかりをマイペースかつ幸せそうに口に運ぶ異色の行動が目を引き、人気を誇る。大食いを売りにしながらも全体的に小柄で、スタイルもいたって普通の女性そのものである。大食いタレントとしては珍しく食べ物の好き嫌いが多いのが特徴。 好物は、大トロ・特上カルビ・卵料理・ピンクレモネード・爽健美茶・アクエリアスなど。 不得手は、蕎麦・ウニ・エビ・イカ・タコ・貝類・数の子・レバー ・豆腐・こんにゃく・メロン・ココナッツなど。

蕎麦大食い対決の際、競技の終盤で蕎麦に飽きてしまい、おかずの天ぷらのみを食べ、勝負に負けてしまった事がある(競技としては蕎麦のザルの枚数のみがカウントされ、天ぷらは対象外だった)。競技終了後も隣の選手の天ぷらを食べていたため、余力を残して負けると言う、大食いでは珍しい負け方を自ら選択したことになる。パン対決では、ジャムを大量に使い、ジャムだけで1kgを食した。マヨネーズを常に携帯しているという「マヨラー」でもある。勝ち負けよりも「自分の食べたいように食べる」ことにこだわるようである。回転寿司の大食いの際、スタッフがタイムアップを告げたが、まだ残っている寿司を指し「これだけ食べちゃってもいいですか?」と言って、テーブル上の寿司を完食した。タイの大食い大会でも優勝した事がある。

2007年5月8日放映の踊る!さんま御殿!!では、大食いが家族や母から受け継がれたものであるというエピソードを披露した。それによると、高校生時代3年間付き合っていた彼氏を度々自宅に招き、家族と食事を共にした際、母は「男の子は沢山食べるでしょう!」と、ハンバーグ合計8枚などの大量の食事でもてなした。母の料理は普段から量が多く、家族も皆沢山食べていた。

ギャル曽根 - Wikipedia」より引用
posted by 西大路丸太 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都出身の有名人

2007年06月08日

山崎静代(しずちゃん)

山崎 静代(やまざき しずよ、1979年2月4日 - )は、日本のお笑い芸人・女優。お笑いコンビ南海キャンディーズのボケ担当。愛称は「しずちゃん」。相方は、山ちゃん(山里亮太)。京都府福知山市出身。聖和大学短期大学部卒業。身長180cm(公称182cm)、体重92kg、バスト105cm。血液型 A型。


<略歴>


  • 高校は事務所の先輩ナインティナインの出身校(岡村隆史矢部浩之ともに同じ)大阪府立茨木西高等学校で、女子サッカー部に所属していた(3年生時に全国3位)。

  • かつて「西中サーキット」(にしちゅう-)という女性コンビのボケを担当、2002年 ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞を獲得し関東の深夜番組にも出演していたが、相方の引退により解散。その後、「山崎二宮」という男女コンビを結成中に、山ちゃんから突然ケーキバイキングに誘われ、コンビ結成の話を持ちかけられて解散を即決した。解散の理由は「(山崎二宮の)相方が男前なので、2人きりでネタ合わせする時などに集中できなかった(異性を意識し、エロ心も芽生えてたらしい)が、こいつ(山ちゃん)ならその心配は無いなと思った」。ちなみに「南海キャンディーズ」結成以降は黒髪で通しているが、「西中サーキット」時代は金髪だった。

  • 趣味はギターイラスト




<人物>


  • 低くぼそっとつぶやくシュールで自意識過剰なボケ、上下関係を無視したぶっきらぼうな喋り、予測不可能なアクションが特徴的。一見怒りを買うような芸風だが、本人の性格ゆえか、相方・山ちゃんのツッコミの賜物か、実際に共演者などから悪く思われることはほとんどない。

  • 山ちゃんを嫌っていることをネタにすることが多い。漫才の立ち位置で「山ちゃんがいる方の肌荒れの進行が酷い」との発言や、『たけしの誰でもピカソ』(テレビ東京系)に出演した際ビートたけしに「小沢に口説いてもらったら?」と言われ共演していたスピードワゴン小沢一敬が甘い言葉を言ってくれたが「嬉しいんですけど、声が山ちゃんに似てる・・・・・・」と感想を述べる等、事ある毎に彼の悪口を放つ。しかし、『Qさま!!』の収録で山ちゃんに本気で激怒した青木さやかの楽屋を訪ね、「山ちゃん、そんなに悪い人やないですよ」とフォローする等、(嫌悪感や煩わしさを感じてはいるものの)見捨てるほど本気で嫌っている訳ではないようだ。山ちゃんによると母親も悪口を言っているらしく、彼に「家族ぐるみで悪口を言うのはやめてくれ」と言われた事がある。

  • かなりの面食いで妻夫木聡(CMで共演)やオダギリジョー、漫画家の荒木飛呂彦のファンと公言している。また、番組でかっこいい男性(いわゆる「イケメン」)と共演した時には、必ずと言っていいほどアプローチを試みる。反対に女性アイドル、女子アナに対しては攻撃姿勢を取るが、彼女達からは、アイドルファンを自認する山ちゃん以上に好かれている。

  • 高所への恐怖感がほとんど無い。『Qさま!!』のレギュラーに新加入する為に銭湯の煙突(の頂上に渡した板)の上でのラジオ体操(命綱無し。だが、もしもの時に掴まる手摺りは有り)に挑戦した際、山ちゃんが足がすくみっ放しの情けない姿だったのに対し、見ている方が恐ろしくなるような大胆な動きで完璧に体操を行った。しかも手摺りを「邪魔。」と言い放った。この為、無事レギュラーを獲得した同番組にはコンビで出演しているものの彼女のみ正式レギュラーということになっており、相方の山ちゃんは未だに準レギュラー扱いである。このほか、10m 高飛び込みでも助走を付けて飛ぶなど、並外れた度胸を持っている。

  • 運動神経に優れている。学生時代に部活動で陸上競技砲丸投げ等)やサッカーを経験しており、特に砲丸投げは現在でもかなりの実力を誇り、全国50傑に入るのではないかとも言われている。また足は速く、持久力もあり、『Qさま!!』の企画「全員で鬼ごっこ」では、男性がほとんどのメンバーにおいてなかなかの粘り強さを見せている。さらに映画『フラガール』の終盤ではほぼ完璧といえるフラダンスをこなしている。

  • 一方、バランス感覚には鈍く、『Qさま!!』のコーナー「グラグラ島」ではたびたび失敗を引き起こす。

  • 最近ではボクシングを始め、その体格とセンスの為にトレーナーからは「世界を狙える」と太鼓判を押される。彼女ほどの体格でボクシングをやっている女性が国内で他にいないことから、「デビューすれば即、日本チャンピオンになれるのではないか」と関根勤は分析している。

  • 一般的な女性に比べて非常に背が高く骨太のがっちりした体格で、普段の話し声は低い。しかし、ジェットコースターに乗った時等には高い音域の悲鳴もちゃんと出る。

  • その背の高さゆえに、近所の子供たちからは「」と呼ばれている。

  • 父、弟も体格ががっちりしており、家族そろって巨体である。

  • 高校時代のサッカーで膝を故障したため、激しい長時間の運動には耐えられない。『堂本剛の正直しんどい』のバスケットボールの企画では「ガラスのヒザ」と言われた。

  • 保育園時代、『ウイングマン』に熱中する。後の嗜好形成に影響を及ぼす。

  • 大阪の自宅の部屋には女性としては珍しく、『AKIRA』や『ドラゴンボール』のグッズが所狭しと並べられている。番組の企画で訪問した今田耕司は非常にうらやましがっていた(ちなみに今田も『AKIRA』フリークとして有名)。絵も得意で、番組ではしずちゃんによる秀逸な大友克洋タッチのイラストも披露していた。

  • 甘いものが相当好きで「いきなり!黄金伝説」(テレビ朝日系)の企画では次々と出てくるケーキをどんどん食べて山ちゃんを驚かせた。その様は彼に「スイートサイボーグ」と言わしめた程である。途中でトマトが苦手と言う事が判明したが、自力で何とか食べた。この伝説が終わった後、最初に食べたのは、本人曰く食パンらしい。


  • ラバーソールを愛用している。

  • クイズが苦手で山ちゃんの足をしばしば引っ張っている。

  • 2006年松雪泰子主演映画『フラガール』で本格的女優デビューを果たす。記者会見や公開イベントなどでは豪華出演者の中でもひときわクローズアップされて報道された。2007年2月16日第30回日本アカデミー賞で同映画において新人俳優賞を受賞、女優としても地位を確立した。

  • 鈴木京香フットボールアワー岩尾望安田大サーカスクロちゃんなどと親交がある。

  • 1人暮らしを始めてから住んでいる自宅の家賃は10万円である。



  • 出生時に5000gという体重だったため、市役所の視察が入ったらしい。

  • 全日本国民的美少女コンテストASAYANモーニング娘。の3期メンバーオーディション(合格者は後藤真希)を受けたことがある。

    • 美少女コンテストでは髪型を『タッチ』の浅倉南を意識した写真で応募した。この時の写真が後にテレビ番組で公開され、山ちゃんに「これじゃカッちゃん(上杉和也)もタッちゃん(上杉達也)も野球始めないよ」と酷評された。

    • モーニング娘。オーディションでは長渕剛の「巡恋歌」を歌い、審査員全員をドン引きにさせた経験がある。あるテレビに出演した際につんく♂に向かって「つんく、アンタ大チャンス逃してるよ」と発言した事がある。その後、『ハロー!モーニング。』にゲストで出演した時、「今頃ここに立っていたかも」とつぶやいていた。モーニング娘。のオーディションに落ちた理由を、本人は飯田圭織と背の高いキャラで被っていたからと述べている。



  • 西中サーキット時代、キングコングらと共に深夜番組『イケチキ!!』にレギュラー出演し、独特のキャラが関東でも話題を呼びかけていたが番組終了後、相方がbaseファンから嫌がらせを受けノイローゼになったため引退し、解散した。

  • 高校時代は地元の「餃子の王将」でアルバイトしていた。

  • 海外への留学経験があるが、なぜか現地在住の日本人宅にホームステイした。

  • さまぁ〜ず大竹一樹に抱かれてもいいと言ったことがある。

  • 2006年スキューバダイビングの免許をとった。



山崎静代 - Wikipedia」より引用



山ちゃんしずちゃんのコンビ☆南海キャンディーズボイスストラップ NKKVS0751


山ちゃんしずちゃんのコンビ☆南海キャンディーズマスコット根付 NKKNK0451


南海キャンディーズの言うたらアカン!英会話


フラガール メモリアルBOX【BIBJ-9220】=>21%OFF!フラガール メモリアルBOX
posted by 西大路丸太 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(6) | 京都出身の有名人

2007年06月07日

川島明(麒麟)

川島 明(かわしま あきら、1979年2月3日 - )は、吉本興業所属のお笑い芸人。麒麟のボケ・ネタ作り担当。立ち位置は向かって右。相方は田村裕。

  • 京都府宇治市出身。京都府立莵道高等学校卒業。血液型はA型という説が有力であるが、まだ明らかになっていない。身長179cm。実家近くに住む祖母は漬物屋を運営している。
  • 大阪NSC20期生。
  • 漫才時は常に黒のスーツで登場する。掴みに「麒麟です」とマイクに近づいて低い声で囁く。また、漫才が終わったあと床に手が付きそうなくらい深いお辞儀をする。
  • この「麒麟です」をタモリが度々マネをする。タモリは他の芸人のギャグを、本人の前でイジる為に横取りする事はあっても、自分より若手の芸人のギャグを普通にマネするのは非常に珍しく、タモリも気に入っていると見られる。なお、タモリには「(顔の前で横に手を動かしながら)顔の裂け目が長い」と言われた。
  • とんねるず木梨憲武も自身の番組(とんねるずのみなさんのおかげでした)でよくモノマネをする。
  • 後輩芸人のチーモンチョーチュウの菊地に爆笑オンエアバトルで「麒麟です」と真似されたことがある。
  • 漫才ではその美声を生かしてさまざまなキャラクターをこなす。レパートリーは、DJ、アナウンサーMC、近所のオッサン、保父さん、うさぎさん(うさぎっつぁん)、りすさん、くまさん、フランス人、おじいちゃんなど。また、靴音、心臓の音、ボイスチェンジャーを通した声、の嘶き、お箸箱のスライド音、バイクエンジン音、風の音、iPodの音もれ、ワニワニパニック、現地人の通訳、ガッツ石松(全然似てないどころか真似る意志も無い)、ユニクロのCMのナレーター、たなかまきこなどさまざまな音の声帯模写も得意とする。また、単独ライブ「キリン!キリン!キリン!」では川島明之丞、シニちゃんといったキャラを確立した。
  • 漫才では、基本的に黒のスーツに黒のワイシャツを着ている。また、最近では黒のネクタイも装着し、真っ黒である。
  • ネタ(ラジオのDJ)内で「ア ハッピー ニュー イヤー」、「君に伝えたいこと」という歌を出した。いずれも演奏時間はとても短く、曲調は全く同じである。
  • 大喜利が得意でダイナマイト関西にもよく出場している。
  • トークでは度々ツッコミ役となり、毒舌が出ることも。
  • M-1グランプリでやった「癒しの空間」のネタで「いかがでしたか僕らの漫才」という歌詞に対して、母が真似して「楽しかったよ麒麟の漫才」とメールを送ってきた。しかも、後で電話をかけて、同じ内容を歌ったらしい。
  • 口が途轍もなく大きく、VHSのビデオテープ・ルービックキューブが入る。ダウンタウンのガキの使いやあらへんででは輪切りにしたレンコンを入れていた。
  • 昔、アルバイトでハンバーグ屋に勤めていた。そこで1日3食分のハンバーグを貰ってずっと食べていたのでハンバーグ臭くなった。臭いを気にして銭湯に行き、体を拭いたタオルの臭いを嗅いだら、ハンバーグの臭いがした。
  • 田村がハンバーガーを食べていて「一口くれ」と言って食べようとしたら「一口が半分以上やねん!」と叱られた。
  • 舞台上で、口に入れたビデオテープをパレット替わりにして相方田村の顔の絵を1分で描いた。
  • 視力が0.1以下で、小、中、高とビン底眼鏡を掛けていた。現在はコンタクトを使用。
  • 口癖は、「今週のファミ通読むとこないなぁ」。
  • あだ名はキラ、アキラ(自称)。しかし家族からは「あきちゃん・ベリーちゃん」、時々相方から「あきちゃん・あきらちゃん」と呼ばれている。
  • 昔、祖母につけられたあだ名は「ベリーグッドマンちゃん」。理由は幼少期の彼が天然パーマのうえに目がクリクリだったため。
  • 声変わりするまでは今と正反対で女性のようなとても高い声だった。
  • 人にいじられるのが嫌いだが、自称M。
  • Qさま!!」の10M高飛び込みで2分05秒という好成績を残す。
  • 絶叫系の乗り物やバンジーなどは大の苦手。
  • 動物が好きで、中でも犬が大好き。
  • 2006年、2007年吉本男前ランキング2位。
    • ブラックマヨネーズ吉田敬は川島がランキングされることに納得していない。吉田曰く、川島は「若いころの鹿賀丈史」に似ている。
    • ちなみに、2006年baseよしもとによる男前ランキング・キスしたいと思う人ランキングは1位である。しかし、同上のブサイクランキング13位、キスされたくない人ランキング15位と意外に上位。
  • 習字が得意で、書道五段。イラストを描くのも好きらしい。
  • 漫才やバラエティー以外に、ナレーターなどもこなす。
  • 相方(田村裕)とコンビを組んだのは「アホが好きだから」。でも「相方が一番格好良い」とも語る。相方とは仲が良い。
  • 今では大分マシになっているようだが、昔は女性が苦手だった。現在でも女性の付爪が嫌い。
  • 昔男性から痴漢を受けたことがある。(その時は持っていた漫画雑誌を相手にぶつけて逃走した)
  • メールで絵文字は使わない。昔同じような物だろうと「卍」をつけてみたところドン引きされたのもひとつの原因らしい。
  • 幼い頃は祖母の家に住んでいた。また、実家は相方(田村裕)ほどではないが貧乏で、父親が2万円の給料を持って帰ってきたことがある。
  • 元々人見知りが激しく、いつも楽屋で一人だったが次長課長井上に声をかけられた事から心を開き始めた。よって井上とは上下関係で最も親密な関係にあり、川島自身先輩の中で最も尊敬している。
    • 現在もゲーマー仲間としてよく一緒に遊んでおり、番組等で共演してもよく2人で喋っている姿が見られる。
    • 次長課長が東京へ行くことを知った川島は、舞台本番中にも関わらず泣き出したらしい。
  • 現在の髪型は片方の目を隠すような髪型をしている。そのため「なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ!」のボケでゲゲゲの鬼太郎のマネをしたことがある。
  • 現在は東京在住である。(相方の田村裕は今も大阪在住)
  • その独特の声質や発言から「うまなで〜UMA to NADESHIKO〜」のマスコットである「うまなでさん」の声優ではないかとされるが、何故か公式発表はない。
  • 洗濯機が回るのを見ているのが好きらしい。
  • 高校生の頃は存在感が全くなく、体育の授業を抜け出したりしても気づかれなかった。
  • 高校時代、ヒトラーの「我が闘争」を読み、性格が180度変わる。
  • ダーツが上手い。
  • かなりのおばあちゃんっ子。
  • NSC20期生時代、服屋に行った時に『何かお探しですか』といわれるのが嫌だったため、身だしなみに一切気を使っていなかった。
  • 好きな人にはよりイイ声を出そうとしてしまいあの低音の声がさらに低音になってしまう。なのでバーで女の子を口説いた時も『何を言っているのか分からない』と言われてしまった。
  • 川島の夢は年をとっても田村と漫才をする事。将来は旅行しながら2人で漫才をして、旅行先でお金が無くなったらそこら辺で漫才をして、お金を取っ払いで貰ってまた違う旅館に行くこと。ちなみにその夢を聞いた田村は『ムリムリそんな時代ちゃう今』と笑っていた。
  • 川島のファーストキスの相手は合コンの相手。初コンパで行った王様ゲームのお題によって奪われた。ちなみにそのお題を出した相手が田村。(同期の元芸人の説もある)上記にあるように女性が苦手だったためかキスの直後に吐き気を催し、トイレに駆け込んだ。
  • テンションが上がったり、考え事をしていると周りが見えなくなる。
    • 高校時代、急な坂道をどこまでブレーキをかけずに下れるか数人の友人と競い合い、もうブレーキをかけなければ危ない、という時に最後まで競い合った友人がブレーキをかけたのを見て安心し、自分はそのまま電信柱に突っ込んだ。
    • ストリークのbase卒業ライブ後、麒麟も含め芸人だけでカラオケ屋で打ち上げをした。その際部屋の扉のガラスの部分を拳で割ってしまった上、「俺めっちゃ力ある!」とテンションが上がり膝蹴りまでお見舞いしてしまった。(その後すぐに弁償した)
  • 歌も結構うまい。カラオケで最後まで歌えたら200万円貰える番組で「ルビーの指環」を歌ったら(歌詞を間違えて歌い切れなかったが)女性陣に絶賛されてた。
  • 27歳の時まで、「喪主(もしゅ)」をもぬしと読んでいた。ちなみにこれを漫才中に発言し、田村に突っ込まれた。


川島明 - Wikipedia」より引用
posted by 西大路丸太 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(5) | 京都出身の有名人

2007年06月05日

宮川大輔

宮川 大輔(みやがわ だいすけ、1972年9月16日 - )は、吉本興業所属のお笑いタレント、俳優。京都府京都市出身。身長169cm(「channel a」の番組内での測定より)、血液型B型。京都西高等学校(現:京都外大西高等学校)卒業。既婚。

<略歴>

●1991年3月に星田英利(現・ほっしゃん。)とチュパチャップスを結成。同年より吉本興業の若手6組によるグループ「吉本印天然素材」に参加。
●25歳で結婚。
●1999年にコンビ解散。解散後も元相方・ほっしゃん。とは舞台やテレビで共演をしている。
●大阪NSC9期生でナインティナインとは同期である。
●現在はルミネtheよしもとの吉本新喜劇など舞台に出演している。
●『やりすぎコージー・土曜婦人』のルミネの楽屋隠し撮りコーナーで、後輩芸人をハンガーで吊るし、プロレス技をかけまくるという相当なSぶりを隠し撮られている。
●父親が桑原征平(元関西テレビアナウンサー)の同級生。父親は喫茶店を経営していた。『人志松本のすべらない話』シリーズでは、得意の擬音やアクションを巧みに利用し父親の話など多数すべらない話を披露している。
●事務所の先輩である宮川大助・花子の宮川大助とは同音異字である。しかし、『爆笑問題の検索ちゃん』に出演した際には、太田光に「宮川大助・花子さん」と呼ばれる。
●母校が甲子園に出た際応援団だった彼は、NHKのアナウンサーにインタビューされ、お名前はと聞かれて「宮川大輔です」と真面目に答えたら、「ふざけないで下さい」と突っ込まれた経験あり。
●2002年1月1日に放送されたドラマ『救命病棟24時 新春スペシャル』に、記者の一人として出演している。
●2006年の年明けにテレビ東京系で放送された『2006年最も売れる吉本NO.1伝説』にて、占い芸人小笠原まさやによる占いで「2006年最も売れる芸人1位」に選ばれた。
●最近はメガネをかけることが多い。
●黒縁セルフレームでレンズが大きく、若干ゴーグルのような形をしている。これはレーシックで近眼治療をした千原ジュニアの愛用眼鏡を貰ったもの。ちなみに、なんでんかんでんフーズの川原ひろし社長も同型の眼鏡をプライベートで愛用している。
●2006年秋、『けっこう仮面ロワイヤル』の悪役・桑江手蕪朗(くわえてかぶろう)のオファーが来たが断っている。

<人物>

●自他共に認めるドSで、元ナメリカの安住をよく殴っている。また、ゲイではないが、男性の体を衝動的に触りたくなる時があるらしく、元相方のほっしゃん。とネタ作りをしてきた時に、ほっしゃん。の家に泊まることになり一緒に寝ていたところ、寝ているほっしゃん。の顔を見て「こいつ、がんばっとんなぁ」と思い、ほっしゃん。にキスをした。また、憧れの先輩だった宮迫(雨上がり決死隊)と吉本印天然素材で一緒に活動することになり、仲良くなって家に誘われ、初めて宮迫の家に泊まったときに、隣で寝ている宮迫を見て「これが、宮迫さんかぁ」と思い、たまらなくなり局部を触ってしまった事がある(その時宮迫はまだ起きていて、気づいていたらしい)。宮迫の影響を強く受けており、後輩を殴ったり激しく罵倒したりとその手の話題には事欠かない。また、後輩とお風呂に行き、後輩の肛門に激しく指を突っ込み、その臭いをかがせるという事もする。2007年5月3日に放送された『アメトーーク』では、その加減の知らない暴力を暴露され、挙句果てには「バイオレンス芸人」とまで言われた。

●ダウンタウン松本は、「自分が誰かの後輩として生まれて来ても上手くやってると思うが"大輔の後輩にだけはならんで良かった"」と言っている。


宮川大輔 (タレント) - Wikipedia」より引用


宮川大輔(吉本公式プロフィール)
posted by 西大路丸太 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都出身の有名人

2007年03月21日

高橋茂雄

高橋 茂雄(たかはし しげお、1976年1月28日-)は、日本のお笑い芸人。吉本興業所属。京都府京都市出身。血液型A型。サバンナのボケ担当。

<人物>
・立命館大学中退。
・1994年、柔道部の先輩である八木真澄とコンビ結成。
・実家は開業歯科医である。
・相方・八木とは対照的に、ほっそりした体つきをしている。かわいい、かっこいいなどと周りから言われる。
・中学生男子のようなノリが得意。犬井ヒロシをはじめ、ネタでは気持ち悪いキャラで通っている。自他共に認めるスネ夫キャラ。
・八木のことを影で「や」と呼んでいる。高橋にとって八木は痛い存在らしい。
・頭の回転が速い。小学生のとき、模擬テストで全国2位になったことがある。
・妹想いで、やさしいお兄さんの一面も見せる。
・学生時代では八木のひとつ後輩で、同じ柔道部に入部するも、白帯のために成果は出していなかったと思われる。
・「キュウリ」と呼ばれると本気で怒る。学生時代に「キュウリ」というあだ名をつけられ、からかわれたことがトラウマになっているとのこと。
メッセンジャー黒田・雨上がり決死隊宮迫など先輩芸人や若手芸人との飲み会によく誘われている。
・コンパの達人。セッティングが早いことからメッセンジャーあいはらなどに「コンパの福屋工務店(関西で「仕事が早い!」のキャッチフレーズで知られている工務店)みたいやな」と影で言われている。
・好物はホタテと味噌汁。だが、エビは苦手。(お笑いポポロでのインタビューより)

<犬井ヒロシ>
・浜田省吾を思わせるような格好(袖を肩までまくり上げた白いTシャツにスリムジーンズ、サングラスに赤いバンダナ)でギターを弾きながらブルースを歌い、その場にいる芸人を茶化す。「俺のブルースが聴きたいか?」で始まり(※エンタの神様ではカットされている。)、「○○のブルース」(○○はその回ごとのテーマ、2度連呼した後「聞いてくれ〜」とコールする。また2度連呼ではなく「○〜○〜、略して、○○のブルース」と言う事もある)と題して、「Aするんか、それとも、Bするんか」(関西弁)というかなりどうでもいい二択(回によっては究極の選択に近い内容)を歌詞に乗せて提示し、最後に「〜かは……自由だー!!」と高らかに歌い上げる。その後、英語で「○○ is freedom」(4度連呼する。2度目以降観客への呼びかけが入る。2度目→「一緒に〜〜!!」・3度目→「もっとーっ!!」・4度目→「サンキュー!!」)と観客とともに2回唱和した後、「でも…してまうで。」でオチ。最後にギターをかき鳴らし「サンキュ――!!」と絶叫してネタを締める。
・犬井曰く、あのギターは犬らしい。高橋氏とはただの知り合いである。時々4人の仲間(うーやん、おかっちょ、のっさん、しまちゅう)とお菓子パーティーを開いているらしい。
・犬井ミチルという妹がいる。
・2006年(2005年から予選を行われたもの)R-1ぐらんぷりでは犬井ヒロシのネタ一本で準決勝まで勝ち進んだ。
・2006年4月から『エンタの神様』でトリを務めている。

高橋茂雄 - Wikipediaより引用


自由だ〜っ!!犬井ヒロシマスコット根付INHNK0401


自由だ〜っ!!犬井ヒロシボイスキーホルダーINHVK0751


●ネットバンキング決済・コンビニ後払いも可能!サバンナ/サバンナのハイエナ2005


うめだ花月2周年記念DVD A級保存盤
posted by 西大路丸太 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 京都出身の有名人

2006年11月06日

つじあやの

つじ あやの(本名:辻 亜弥乃、1978年1月6日 - )は、日本のシンガーソングライター、ウクレレミュージシャン。

京都府京都市左京区出身。龍谷大学文学部史学科東洋史学専攻卒業。ビクターエンタテインメント・SPEEDSTAR RECORDS所属。


眼鏡をかけた特徴的なルックスとウクレレ弾き語りというユニークな音楽スタイルで知られているミュージシャン。彼女が生み出すゆったりした心地良い音楽は老若男女に幅広く愛されている。ウクレレはKeliiのものを中心に数本を使用。着うたの大手配信サイト「レコード会社直営♪サウンド」では、自身のウクレレ演奏にて“着レレ”を配信している。中学校時代の同級生にorange pekoeのCDジャケットワークなどで知られるイラストレーターのカンバラクニエがいる。

<<経歴>>
1993年 京都市立銅駝美術工芸高等学校入学。フォークソング部で音楽活動を始める。ギターを弾きたかったが、手が小さかったためウクレレを始める。学校近くの鴨川で弾き語りをするようになった。
1996年 龍谷大学文学部入学。フォークソング認定同好会「黄色いトマト」でフォークユニット「うららか」を結成。京都市内のライブハウスを中心に活動を開始。ちなみに、ゲントウキの伊藤健太とは京都の音楽サークルが所属する「京都フォークソング連盟」仲間であった。
1998年 インディーズレーベル・LD&K Recordsからミニアルバム『うららか』をリリース。
1999年 ミニアルバム『君への気持ち』でメジャーデビュー。
2000年 シングル『心は君のもとへ』『君にありがとう』がフジテレビ系「ポンキッキーズ」内で使用される。
2001年 シングル『恋人どうし』より髪を切り、トレードマークだった三つ編みからベリーショートへ。
2002年 スタジオジブリ制作映画「猫の恩返し」主題歌にシングル『風になる』が起用され、ロングヒットを記録する。これにより、一般に認知されるようになる。
2003年 山下達郎のヒット曲『パレード』をカバーしシングル化。さらにその翌年には初のカバーアルバム『COVER GIRL』をリリース。また、プレイステーション用ゲームで大人気を博した「どこでもいっしょ」のキャラクター・トロとコラボレーションするなど、多方面の活動が目に付く。
2006年 数々のコンピレーションアルバムに参加。また7月12日、ベストアルバム「つじベスト」をリリース。ベストアルバム収録曲で新曲の『そばにいるから』が映画「笑う大天使(ミカエル)」の主題歌に起用が決定し、話題を呼んでいる。

<<シングル>>
クローバー (2000年)
心は君のもとへ (2000年)
君にありがとう (2001年)
恋人どうし (2001年)
愛のかけら☆恋のかけら (2002年)
風になる (2002年) - 初回プレス盤のみ「猫の恩返し」ピクチャーレーベル仕様
雨音 (2003年)
桜の木の下で (2003年)
ありきたりなロマンス (2003年)
パレード (2003年)
春風 (2005年) - 初回盤のみCD-EXTRA仕様
Shiny Day/愛の真夏 (2005年) - 初回盤のみジャケット2パターン・CD-EXTRA仕様
ゆびきり/星降る夜のクリスマス (2005年)

<<アルバム>>
春は遠き夢の果てに (2000年)
春蜜柑 (2001年)
BALANÇO (2002年)
恋恋風歌(2003年)
CALENDAR CALENDAR(2005年)
うららか (1998年) - LD&K Recordsからリリース
君への気持ち (1999年) - ミニアルバム
恋する眼鏡 (2002年) - 企画ベストアルバム
COVER GIRL(2004年) - カヴァーアルバム
つじベスト(2006年) - ベストアルバム
はじまりの時(2006年) - ミニアルバム

<<タイアップ>>
クローバー - フジテレビ系「平成日本のよふけ」エンディングテーマ
たんぽぽ - 森永乳業「 なめらか発酵ヨーグルト」CMソング
心は君のもとへ - カネボウ「フレイア<誕生編>」CMソング、フジテレビ系「ポンキッキーズ」挿入歌
君にありがとう - フジテレビ系「ポンキッキーズ21」挿入歌
風になる - スタジオジブリ制作映画「猫の恩返し」主題歌、ハウス食品キャンペーンソング・企業CMソング
桜の木の下で - TBS系「日立 世界・ふしぎ発見!」エンディングテーマ
ありきたりなロマンス - 「カルピス」CMソング
パレード - Canon「PIXUS」CMソング
月が泣いてる - 全薬工業「ジキニン」CMソング
日本テレビ系「新どっちの料理ショー」エンディングテーマ
Shiny Day - チョーヤ「ウメッシュ」CMソング
愛の真夏 - ネスカフェ シェイク ショートムービー「のんたのしっぽ」テーマソング
ゆびきり - NHK「みんなのうた」オンエア曲
ブルー - コナカ紳士服企業CMソング
そばにいるから - 映画「笑う大天使」主題歌

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A4%E3%81%98%E3%81%82%E3%82%84%E3%81%AE」より引用


つじあやの 公式サイト「うららかさん」
http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/uraraka/

つじあやのブログ
http://blog.livedoor.jp/tsuji_ayano/


笑う大天使(ミカエル) プレミアム・エディション
笑う大天使(ミカエル) プレミアム・エディション

つじあやの/はじまりの時
つじあやの/はじまりの時

〔送料無料キャンペーン中〕つじあやの つじベスト-CD-
〔送料無料キャンペーン中〕つじあやの つじベスト-CD-

〔送料無料キャンペーン中〕つじあやの Ayano Clip 〜つじあやの映像作品集 I 〜-DVD-
〔送料無料キャンペーン中〕つじあやの Ayano Clip 〜つじあやの映像作品集 I 〜-DVD-
posted by 西大路丸太 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(7) | 京都出身の有名人

2006年11月04日

木村祐一(キムキム兄やん(キム兄))

木村 祐一(きむら ゆういち、1963年2月9日 -)は、京都府京都市左京区出身のお笑いタレント、放送作家、コラムニスト。

吉本興業所属。愛称は「キムキム兄やん(キム兄)」「キム」「キムニールヤング」。 現在の妻は女優の辺見えみり、義兄はミュージシャン・音楽プロデューサーの辺見鑑孝。

血液型はAB型。京都市立西京商業高等学校(現・京都市立西京高等学校)卒。

口癖は「考えられへん!(声を裏返して叫ぶ)」「ありえへん!(左同)」いずれも、秩序や常識、段取り、気配りなどを無視する人間に向けて発せられる(ダウンタウン松本の「おちょこぶり」に対して発した事も。)。常にそういう物に怒っている男でもある。


<<人物>>

ホテルマン、染め物職人を経て、中学校の同級生(栩野進)と漫才コンビ「オールディーズ」を結成。
順調に人気を獲得していた矢先の1990年9月7日、相方が不祥事を起こし逮捕。これにより相方は所属事務所を解雇されコンビは解消。木村は予想もしない形でピン芸人の道を進むことになる。

その後、交流のあったダウンタウンらを慕い1994年に東京進出。「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系)で構成作家としてもデビューする。

現在に至るまで、松本人志の優秀なブレーンであるとともに、写真を使ったネタなどの多彩な芸風でピン芸人として活動を行っている。自分で撮った写真にコメントをつけて笑いをとる「写術」など。

松本を中心とした芸人の集まり(いわゆるダウンタウンファミリー)では兄貴的存在である。実際、松本より学年で一つ上であるため、私生活でも松本に指南する立場であるようだ。吉本興業では東野幸治はデビュー時期が近く、今田耕司や130Rは1年先輩となるが、年齢的に木村の方が年上(今田とは3つ、130Rとは1つ)であるため、テレビでの仕事でも露骨な後輩扱いはしていない。

ダウンタウンの後輩であるにもかかわらず年齢が一つ上のため、初期のころはダウンタウンに「さん付けさせて欲しい」と言われた。が、木村本人は「後輩ですからいいですよ〜」と言い断った。木村本人は「ダウンタウンと同い年である」と主張している。「1月1日で年が明ける、という区切りがあるのに、4月1日で線引きするのはおかしい」と、ある番組で言っていた。)

松本をして、「俺のために生まれてきたような男」「何回人生やってきたんや」と言わしめるほどよく気がまわり、器用で芸人ばなれした知識と行動力を持つが反面、自分が出来るゆえに出来ない後輩には非常に厳しく、後輩からは怖い先輩として恐れられてもいる。松本グループでのその母親的な面倒見と気遣い、料理の腕などから今田・東野らからは「松本人志の嫁」、高須光聖からは「松本の第一夫人」とからかわれる。松本本人も「嫁にするならキムのような人がいい」とラジオで発言している。

気遣いの出来る繊細な性格ではあるが、その反面、短気でルールやモラル面が特に厳しく、ルールやモラルを守れない人間には粗暴なまでに怒ることから、(真偽は別としても)「伝説」には事欠かない。

過敏すぎる例として以下のようなエピソードがある。加湿器が欲しいため、千原ジュニアをつれて家電店へ買い物に。そこで気に入った加湿器を買おうと店員を呼び止めたところ、ブルーとピンクの色があると紹介されキレる。「いい年したおっさんがなんでピンクの加湿器を欲しがんねん!」と説教した。が、そのとき木村はピンクの上着を着ていた。それに気づいたジュニアが慌てて止めに入ることに。このように、後輩だけでなく誰にでも説教をするが、ときにピントがずれていることがある。

趣味は料理でプロ並の腕前。「アフリカのツメ」「浜ちゃんと!」(いずれも日本テレビ系)などでその料理の腕を披露した。「めちゃイケ」の「やべっち寿司」でもコンビーフを使ったちらし寿司を作って殿堂入りしたが、作る前にもフリッターなどをナインティナインに振る舞い、絶賛された。ファミリーマートでは期間限定でコラボ商品が発売されることがある。木村の作る鍋料理は「キム鍋」とも呼ばれ、寸胴や材料持参で時間をかけてつくられるため味は絶品なので、予約を入れないと食べられないほど人気らしい。

結婚して子供をもうけたが2005年に離婚。2006年1月9日にダウンタウンDXで出会ったタレントの辺見えみりと婚約。 同日、合同記者会見を行い、入籍(自身3度目)を報告。 ちなみに、婚約指輪は0.93カラット。ティファニーで購入。 プロポーズは新宿外苑の外周の車中でした、とのこと。

妻のことはテレビなどでは「えみりちゃん」だが、家では「えみちゃん」と呼んでいるらしい。辺見は自身のブログで木村を「旦那はん」と呼んでおり、木村は辺見のブログに時々写真で登場する。

「キムキム兄やん」と呼ばれるようになった由来は、大阪時代に出演していたダウンタウンがパーソナリティの「ヤンタン」のコーナー名で使われていたのをそのまま使われるようになったため。最近では義父の西郷輝彦にも「キム兄」と呼ばれて驚いたことがある。

無類の地図好きであることを辺見えみりが新婚旅行先のハワイでの出来事として「ダウンタウンDX」の番組で紹介した。

街中でふと気にした場面を写真に撮って木村独自の目線でツッコミを入れたり漫談をする「写術(しゃじゅつ)」がライフワークとなっており、年に1度のペースでライブを開催している。「めちゃイケ」の「笑わず嫌い選手権」でもそれを披露し、和田アキコや久本雅美を唸らせた。

服を買うことが大好きで、要らなくなった服は多くの後輩芸人に譲っている。時々、後輩芸人を集めて時間制限つきで選ばせる内輪向けのイベントを開催している。要らなくなった服とはいえセンスの良い服が只で手に入れられるため、後輩芸人からはそのイベントを「キムコレ」と呼ばれている。

以前は髪型をリーゼントなどにしていたが、ここ数年は専ら五分刈りにしている。

ヨシモトファンダンゴTVで放送されていた「木村web堂」では先輩芸人やニュースで話題になった人のモノマネを披露したことがある。


<<著書>>

木村料理道 THE NABE キム'sスタイル(実業之日本社)
木村料理道(2) THE SARA キム'sスタイル(実業之日本社)
キムラの目(実業之日本社)
キム兄の感じ。(マガジンハウス)


<<出演>>

★ドラマ
 野ブタ。をプロデュース セバスチャン(体育教師)役
 NHK大河ドラマ「新選組!」 そば屋の主人役
 「おかわり飯蔵」(2007年、TV TOKYO系列)

★バラエティ
 進め!クリフハンガー冒険隊(CBCテレビ)
 新どっちの料理ショー(よみうりテレビ)
 浜ちゃんと

★情報番組
 ラジかるッ(日本テレビ)
 情報ライブ ミヤネ屋(よみうりテレビ)

★ラジオ
 ブジオ!(TBSラジオ、2005年10月〜2006年3月)

★映画
 誰も知らない
 ALWAYS 三丁目の夕日(電気屋の親父役)(2005年11月公開)
 花よりもなほ(2006年6月公開)
 ゆれる(2006年7月公開)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E7%A5%90%E4%B8%80」より引用



木村料理道
木村料理道

木村料理道(2)
木村料理道(2)

キムラの目
キムラの目

キム兄の感じ
キム兄の感じ

亀梨和也/山下智久/野ブタ。をプロデュース DVD−BOX〈5枚組〉【送料無料】
亀梨和也/山下智久/野ブタ。をプロデュース DVD−BOX〈5枚組〉【送料無料】
posted by 西大路丸太 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(13) | 京都出身の有名人

2006年10月27日

岡島秀樹(北海道日本ハムファイターズ)

岡島 秀樹(おかじま ひでき、1975年12月25日 - )は、京都府京都市伏見区出身の北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手である。ポジションは投手で、背番号は40。


投げる瞬間下を向く独特の投球フォームで知られ、長く巨人のセットアッパー・クローザーとして活躍した左腕。妻はフリーアナウンサーの栗原由佳。

元チームメイト・桑田真澄の自主トレに毎年ついて行くほど尊敬している。

投げる際に下を向く為、球のコントロール性が若干悪いが、下を向く投球フォームが利して打者が死球の恐怖を抱き、あまり打ち込んでこなかったという。また、カーブの切れ味は抜群であるが、クローザー投球時はセットアッパー時の思い切りが無かった。

2006年3月24日、開幕直前に實松一成、古城茂幸両選手との1対2の交換トレードにより日本ハムへ移籍し本人は「監督はじめSHINJO選手などファンサービスに積極的な球団、日本ハムに移籍で関西系のノリで自己表現できれば」と会見で述べた。4月25日に一軍に昇格し、貴重な左の中継ぎとしてチームに貢献した。制球重視の新フォームにより四死球が巨人時代より大きく減少し新たな活路を見出しつつある。

日本ハムで同じ左腕の吉崎勝は高校の後輩にあたる。奇しくも吉崎も変則投法で有名である。

クイックモーションでの投球の際、直球と変化球でのクイックスピードにえらく差があり(小関順二のデータによる)、それで盗塁を許した事がある。この事は巨人時代、横浜ベイスターズのスコアラーに見破られていたことがある。

2006年シーズン中盤以降は、主に7、8回を担当する貴重な左のセットアッパーとして活躍し、55試合に登板し防御率2.14の好成績を残した。武田久、マイケル中村を合わせて「TOM」(Takeda Okajima Micheal)とも呼ばれることがある。


<略歴>

身長・体重 1m86cm、88kg
投打 左/左
出身地 京都府京都市伏見区
血液型 O
球歴・入団経緯 東山高−巨人(1994〜2005)−日本ハム(2006〜)
ドラフト年度・順位 1993年3位

<エピソード>

・日本ハムの本拠地札幌ドーム初の公式戦は01年6月26日巨人対中日戦。実は札幌ドームで初めてセーブを記録した投手が岡島である。(初ホームランは福留孝介)

・移籍会見の際「日本ハムには運命を感じる」とコメントしている。実は入来祐作がメジャー入りで問題になっていた時、入来がメジャー行きになった際には移籍の話が持ち上がっており、本人は「遅かれ早かれ日本ハムに行くのでは」と予感をしていたという。

・由佳夫人とは、2000年の日本シリーズ後のビールかけで出会った。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B3%B6%E7%A7%80%E6%A8%B9」より引用

北海道日本ハムファイターズ:
http://www.fighters.co.jp/


SHINJO 1番 ストラップ「北海道一番」
SHINJO 1番 ストラップ「北海道一番」

北海道日本ハムファイターズオフィシャルDVD〜北海道にはばたけ小笠原道大 ファイ
北海道日本ハムファイターズオフィシャルDVD〜北海道にはばたけ小笠原道大 ファイタ

【予約】 北海道日本ハムファイターズ優勝記念DVD BOOK
【予約】 北海道日本ハムファイターズ優勝記念DVD BOOK

【祝!日本ハムファイターズ優勝☆】新庄剛志フィギュアストラップ 北海道一番!
【祝!日本ハムファイターズ優勝☆】新庄剛志フィギュアストラップ 北海道一番!

シャディのお歳暮(送料無料) 産地直送/ハム 日本ハムギフト
シャディのお歳暮(送料無料) 産地直送/ハム 日本ハムギフト

シャディのお歳暮(送料無料) 産地直送/ハム 日本ハム 東北産 黒毛和牛ローストビーフ
シャディのお歳暮(送料無料) 産地直送/ハム 日本ハム 東北産 黒毛和牛ローストビーフ
posted by 西大路丸太 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(7) | 京都出身の有名人

2006年06月29日

チュートリアル

チュートリアルは、徳井義実(とくいよしみ)と福田充徳(ふくだみつのり)によるお笑いコンビ。吉本興業大阪本部所属。

<略歴>
出身は二人とも京都府京都市。幼稚園、小学校、中学校(京都市立修学院中学校)、高等学校(京都府立北稜高等学校)、予備校とずっと同じであった。その後二人とも大学受験に失敗し、一浪して徳井は花園大学、福田は大阪学院大学に進学、就職活動などで疎遠になるも、徳井がNSCに13期生として通っていたことを知った福田が、徳井を誘って1998年3月にコンビを結成。コンビ名は、二人が高校生・浪人生時代に通っていた河合塾にあった「チュートリアル」(個人指導の時間)というプログラムからそのまま名付けたものであり、特に意味を込めているわけではない。コンビの初舞台は心斎橋筋2丁目劇場。

<年表>
・1994年4月 - 徳井がNSC入学。
・1998年3月 - チュートリアル結成。
・2000年1月 - ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞受賞。
・2000年9月 - 深夜番組『新しい波8』に出演。
・2001年10月 - 爆笑オンエアバトルで初めてオンエアされる。
・2001年12月 - 第1回M-1グランプリ決勝進出(8位)。
・2002年4月 - KBS京都ラジオ「キョートリアル!コンニチ的チュートリアル」開始。
・2002年10月 - ラジオ大阪「よしもとエンタテイメントステーションGOYODA」開始。
・2003年3月 - NHK上方漫才コンテスト優秀賞受賞。
・2003年3月 - 徳井、吉本男前ランキングで1位に。
・2003年7月 - baseよしもと卒業。
・2003年10月 - 映画「ガキンチョ☆ROCK」に出演。
・2003年12月 - 上方お笑い大賞新人賞受賞。
・2004年1月 - KBS京都ラジオ「キョートリアル!コンニチ的チュートリアル」放送100回記念。
・2004年3月 - 上方漫才大賞新人賞受賞。
・2004年3月 - 徳井、吉本男前ランキングで2年連続で1位に。
・2004年4月 - TBSドラマ「ほーむめーかー」に出演。
・2004年10月 - ヨシモトファンダンゴTV「ワイ!ワイ!ワイ!」に月曜日MCとして出演。(〜2005年11月)
・2005年3月 - 徳井、吉本男前ランキングで3年連続で1位に。殿堂入りを果たす。
・2005年12月 - 第5回M-1グランプリ決勝進出(5位)。
・2006年1月 - KBS京都ラジオ「キョートリアル!コンニチ的チュートリアル」放送200回記念。
・2006年3月 - ラジオ大阪「よしもとエンタテイメントステーションGOYODA」終了。
・2006年4月- 徳井初のピンライブ「徳井義実ライブ2006〜桜の舞〜」開催
・2006年6月- チュートリアルのオールナイトニッポンRが放送される(一回のみ)

<概要>
漫才のネタでは、様々な妄想を膨らます徳井に福田が文句をつけるといったパターンが多い。爆笑オンエアバトルや笑いの金メダルなどではコントを披露することも。また、漫才中に徳井が思い出したかのように福田の顔がテカっていることを指摘することが多い(稀に歯並びの悪さを指摘することも)。2003年までbaseよしもとを中心に活動、「惑星チュートリアル」などのソロイベントを開催。同年夏にbaseよしもとを卒業後、現在はうめだ花月でネタもん・芝居もんなどにレギュラー出演するほか、同劇場でトークライブ「チュートリアルのシャベルケ?」などを開催している。

また、「今、1番面白い漫才師を決める」M-1グランプリにも過去2回出場。 2001年は審査員の得点で10組中10位とさんざんな結果だったが、2005年、それまでの空気を一変させる漫才を見せ、みごと5位という結果を納めた。 松本人志からも一言「おもしろいですね」と言われるほどだった。

レギュラーのラジオ番組「キョートリアル!コンニチ的チュートリアル」では、京都出身の二人ならではのトークを垣間見ることができる。読売テレビ製作・日本テレビ系ドラマ「乱歩R」やTBS系愛の劇場「ほーむめーかー」にそれぞれゲスト・準レギュラーとしての出演経験も持つ。2004年7月にはなんばグランド花月でソロライブ「本出番」も開催された。 同じくレギュラーの毎日放送の「せやねん!」で2005年中にそれぞれ1度ずつ本番中遅刻をし(トチる)、2006年の年明け早々にもNGKの出番にそれぞれトチった事から、2006年1月7日の同番組で、司会のトミーズ雅から、2006年中の「せやねん!」に限って「トーチリアル」に改名させられた。「2006年中に、全ての仕事でトチった場合には『せやねん!』に100万円を寄付する」という誓約書が存在する。

フリートークでは(特に徳井が)大の下ネタ好きであり、ライブで客を引かせた経験も持つ。

小学生のときは互いに「とくっち」「ふくっち」と呼び合っていたが、今は苗字に「くん」付けや苗字呼び捨て、「相方」などと呼び合っている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB_%28%E3%81%8A%E7%AC%91%E3%81%84%E8%8A%B8%E4%BA%BA%29」より引用

◆女性限定!1万円以上購入でポイント3倍! チュートリアル/チュートリアリズム ◆20%OFF!
◆女性限定!1万円以上購入でポイント3倍! チュートリアル/チュートリアリズム ◆20%OFF!

永久保存版 吉本ギャグ100連発(5)横丁へよ〜こちょ!編
永久保存版 吉本ギャグ100連発(5)横丁へよ〜こちょ!編

★初回限定特典仮面ドライバーCD付!次長課長、しずちゃん他吉本人気若手芸人が総出演☆最新お...
★初回限定特典仮面ドライバーCD付!次長課長、しずちゃん他吉本人気若手芸人が総出演

◆女性限定!1万円以上購入でポイント3倍! ハリガネロック・チュートリアル・ランディーズ in ...
◆女性限定!1万円以上購入でポイント3倍! ハリガネロック・チュートリアル・ランディーズ in ZAIMAN
posted by 西大路丸太 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(3) | 京都出身の有名人

2006年04月13日

鈴木史朗

鈴木 史朗(すずき しろう、1938年2月10日〜)は、京都府出身、昭和後期・平成期(1960年代後半〜1990年代)の東京放送(TBS)のアナウンサー、現在はフリーアナウンサーである。

<略歴>
・京都市立紫野高等学校→早稲田大学法学部を卒業した後の1962年、TBSへ入社し、アナウンス室に配属される。一年目に初の衛星中継を担当したがそれが日本時間1963年11月23日のジョン・F・ケネディ暗殺の一報であった。その後、1968年より制作部・著作権部・報道局社会部(すべて当時の部署。現在は株式会社TBSテレビ)と異動に異動を重ね、1983年にようやくアナウンス部復帰を果たす(本人がアナウンス部への異動を望んだのに、長らくそれが果たせなかったのは当時の上司が徴兵された際にいやだった上官に鈴木が似ていたからと言われている)。
・ニュースからバラエティまで幅広く活躍し、TBS『さんまのSUPERからくりTV』の名物コーナー“ご長寿早押しクイズ”の司会で人気を不動のものとする。ちなみにこのコーナーで、鈴木史朗はおかしな回答が出ると、呆然となったり、がっくりを表しているのか、大きくお辞儀をしたりする癖もついている。
・1998年にTBSを定年退職してから後、主に元局アナ等のマネージメントをしているクリエイティブ・メディア・エージェンシー(CMA)に移籍。歌手・俳優・モデルとあらゆる分野に挑戦、今もなお活躍の場を広げている。
・生真面目な性格と旺盛な好奇心で年代・性別を問わず幅広いファンを持っている。
・見かけに似合わずゲーム好きで、『バイオハザード』の大ファン。奥さんに迷惑をかけないように夜中にヘッドフォンをつけてプレイしているとか。
・タレントの伊集院光は、鈴木は訃報のイメージしかなく、担当するラジオ番組のコーナーでも架空の訃報を読んでもらっていた。伊集院は鈴木の事を「ドラキュラ顔」と呼んでいた。
・TBSの深夜番組『ワンダフル』内で放送されたアニメ『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』では、原作では野村義男だった部分が全て彼に置き換えられている。
・現在、東京都町田市の玉川学園に在住。
・高校時代は陸上競技部に所属し、三段跳で活躍

<出演番組>
TBS時代
JNNニュース
JNNニュースデスク - 土曜日のメインキャスター、1988.04〜1988.09
JNNニュースの森 - オープニングのヘッドラインナレーター、1990.04/02〜1993.03
クイズ当たって25%
セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん - ナレーター、作中にも登場

フリー転身後
さんまのSUPERからくりTV(TBS) - 『ご長寿早押しクイズ』コーナー司会
水戸黄門(TBS) - ナレーター
大岡越前(TBS) - ナレーター(ナショナル劇場50周年記念2時間スペシャルのみ)
森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ)
THE夜もヒッパレ(日本テレビ)
デジタル所さん(日本テレビ) - ナレーター

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%8F%B2%E6%9C%97」より引用

大江戸線音頭|東京名物大江戸線小唄
大江戸線音頭|東京名物大江戸線小唄

バップ デジタル所さん〜サンダージョージ〜バップ デジタル所さん〜トコきゅうさん〜
バップ デジタル所さん〜Jr.登場〜バップ デジタル所さん〜満福伝記〜
バップ デジタル所さん〜西遊記〜バップ デジタル所さん〜ジョージマン vs Dr.マーブル〜
posted by 西大路丸太 at 12:35| Comment(11) | TrackBack(1) | 京都出身の有名人

2006年04月11日

丸山隆平(関ジャニ∞)

丸山 隆平(まるやま りゅうへい、1983年11月26日 -A型 )は、男性アイドルグループ関ジャニ∞のメンバー。京都府京都市右京区出身 ジャニーズ事務所所属。身長176cm

<概要>
・愛称はマルちゃん・マル
・∞カラーはオレンジ
・小3の妹と小4の弟がいる。
・お正月に弟、妹に一人ずつ5000円のお年玉をあげた。
・好きな食べ物は甘味で、嫌いな食べ物はピーマンなど、苦い野菜。
・事務所のオーディションを2回受けた経験を持つ。
・関ジャニ∞ではベースを担当。「山田」という名で安田章大と共に漫才コンビを組んでいる。担当はボケ。
・ヤラレキャラ、空回りキャラで、関西テレビ系ほんじゃに!では「ミスターアンバランス」というあだ名を付けられた。
・横山裕らに「マルの事を嫌いな人はいない」と言われる程、大変温厚で優しい性格である。
・同グループの横山裕に「関西の飛び道具」と紹介されたことがある。
∞のギモンでは同グループの安田章大と大倉忠義と共に関ジミ3(後に「大山田」に改名される)のメンバーでもある。
・歌声は本人はあまり気に入ってないと語る。
・裏ジャニで心霊スポットに行った際、他のメンバーは気持ちが悪くなり行けなかった場所に1人辿り着いた。
・最近太ったらしい(錦戸亮談)
・昔は1ヶ月同じジーパンをはき続けたこともある丸山だが、最近はようやく『コーディネート』という言葉を覚えた。
・昔、ファッションには興味なく、靴は2足しかなかったため、村上の母があわれに思ったかその靴を洗おうとした事がある。

<出演>
テレビ
裏ジャニ(テレビ東京)2005年3月放送終了
∞のギモン(テレビ東京)2005年9月放送終了
ほんじゃに!(関西テレビ・BSフジ・TVK・千葉テレビ・テレビ埼玉・三重テレビ・岐阜放送)
スカ☆J (テレビ東京)
サンデーヤングミュージック ザ少年倶楽部

ラジオ
聴くジャニ∞(MBSラジオ)※不定期出演
村上信五の週刊関ジャニ通信(ABCラジオ) ※不定期出演

過去の出演作品
七人のサムライ J家の反乱(朝日放送・城之内隆平役)
国盗り物語(2005年1月テレビ東京系・森蘭丸役)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E9%9A%86%E5%B9%B3」より引用

【3/15発売 新作CD】【送料無料】関ジャニ∞ / F・T・O《通常盤:初回プレスのみマキシCD封入》...
【3/15発売 新作CD】【送料無料】関ジャニ∞ / F・T・O《通常盤:初回プレスのみマキシCD封入》...

【DVD】関ジャニ∞(エイト)/Excite!!
【DVD】関ジャニ∞(エイト)/Excite!!

好きやねん,大阪。│桜援歌(Oh!ENKA)│無限大
好きやねん,大阪。│桜援歌(Oh!ENKA)│無限大

★なにわの味★ 好きやねんまろやかみそ味 1ケース(30食入り) ) 
★なにわの味★ 好きやねんまろやかみそ味 1ケース(30食入り) ) 
posted by 西大路丸太 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都出身の有名人

2006年03月28日

岸部四郎

岸部 四郎(きしべ しろう、1949年6月7日 - )は、京都府京都市出身の俳優、タレント。一時芸名は『岸部シロー』。元ザ・タイガースのメンバーで、兄は岸部一徳である。

<概要>
ザ・タイガースのデビュー後しばらく音楽面でのアドバイザーを務めた後、1968年7月アメリカに渡り、留学の名目で「ミュージックライフ」誌(新興楽譜出版社刊)の特派員のようなことをやっていたが、1969年3月、ザ・タイガースから加橋かつみが脱退したため、兄・一徳からの電話で呼び戻され新メンバーとなる。ただし、タンバリンを演奏し加橋のヴォーカルパートの代わりをつとめるにとどまった(「花の首飾り」「ホリデイ」といった加橋のソロヴォーカル曲も、この時期は彼が歌っていた)。

ザ・タイガースが1970年に解散した後は、一時ブレッド&バターに合流した後、当時ブームとなった青春ドラマ等のタレントとして活躍し、一度目の結婚。テレビドラマ「西遊記」(日本テレビ系列)の沙悟浄役として出演する。さらに、その後1985年4月から「ルックルックこんにちは」(日本テレビ系列)の司会を務めるが(沢田亜矢子の後任として。当初は岸部1人だったが、後に日テレの女子アナウンサーとの2人での司会となる)、岸部四郎は貯金が苦手(今現在もあまり貯金をしていないとテレビ番組などで語っていた)で更に人が好すぎた為に他人の借金の連帯保証人にホイホイとなってしまい借金が雪だるま式に増え、税理士に調べて貰った結果借金が1億に膨らんでいたことが発覚し自己破産をした。その影響で1998年4月に「ルックルックこんにちは」を突如降板した。

それ以降、レギュラー番組を持っていないが、自己破産を売りにバラエティ番組に出演することが多い。「オレを誰や思てんねん!モト金持ちやぞっ!!」など、自虐的な台詞もいとわない。めちゃ²イケてるッ!ではそれが顕著で、沙悟浄役であったのをネタに。きゅうりで釣られたりしている。

2005年7月からフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「電車男」に、電車男役の伊藤淳史の父親役として15年ぶりにテレビドラマに出演する(岸部シロー名義)。

<その他>
「岸部シロー」から「岸部四郎」と名前を変えたのはお笑い芸人のつぶやきシローが出て来て変えたからと言われている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E9%83%A8%E5%9B%9B%E9%83%8E」より引用

電車男 DVD-BOX[TVドラマ版]
電車男 DVD-BOX[TVドラマ版]

ザ・タイガース/ザ・タイガース・アゲイン
ザ・タイガース/ザ・タイガース・アゲイン

「西遊記」オリジナルサウンドトラック
「西遊記」オリジナルサウンドトラック

耳のこり
耳のこり
posted by 西大路丸太 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都出身の有名人

2006年03月07日

浜田翔子

浜田 翔子(はまだ しょうこ、1986年1月1日 - )は京都府出身の女性タレント。所属事務所はアバンギャルド。

<略歴>
2003年に、現役高校生としてレースクイーンに抜擢され、アマチュアカメラマンを中心に注目を集める。同年に、テレビ番組のレギュラーも獲得している。 2005年には日テレジェニックにも選ばれ、ポスト小倉優子の最有力にのし上がっている。

同じアイドルの中川翔子とは、テレビ東京「テンパイ」でW翔子と呼ばれていたが、実際顔は似ている。

ニックネームは「はましょー」。かつては「しょこたん」とも呼ばれていたが、現在は中川翔子のニックネームになっている状況。

<身体>
身長 157cm
スリーサイズ B80 W54 H83
足のサイズ 22.5cm


浜田翔子のストロベリーショーコケーキ(ブログ)
http://hamadashoko.cocolog-nifty.com/

浜田翔子 プロフィール(アバンギャルド(所属事務所))
http://www.avantgardes.net/hamada/hamada.html

浜田翔子/日テレジェニック2005 ◆20%OFF!
浜田翔子/日テレジェニック2005 ◆20%OFF!

浜田翔子/Love!Hamasho ◆20%OFF!
浜田翔子/Love!Hamasho ◆20%OFF!

浜田翔子/レースクイーンの女神たち2004 ◆20%OFF!
浜田翔子/レースクイーンの女神たち2004 ◆20%OFF!
posted by 西大路丸太 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都出身の有名人

2006年03月05日

衣笠祥雄

衣笠 祥雄(きぬがさ さちお、1947年1月18日 - )は、京都府京都市東山区出身。昭和後期から末期(1960年代後半-1980年代)のプロ野球選手(内野手)。右投げ右打ち。アフリカ系アメリカ人と日本人とのハーフである。現TBS野球解説者、朝日新聞社嘱託。

現役時代、そして現在も鉄人の愛称で親しまれている。

<来歴・人物>
平安高では3年春と夏の甲子園に出場し、いずれもベスト8。その後、1965年広島カープに捕手として入団。当時の白石勝巳監督に「長嶋以上の三塁手になれる」と太鼓判を押されて内野手に転向し、1968年からレギュラーに定着。1975年にはジョー・ルーツ監督就任により、3塁にコンバートされる。同年の広島初優勝では5番を打ち、4番山本浩二と共に貢献。オールスターゲームでの二打席連続アベックホームランは特に有名である。その後も主砲として赤ヘル黄金時代計5度の優勝に大きく貢献した。

1976年に盗塁王、1984年には打点王のタイトルを獲得、MVPに輝いた。また、1970年10月19日の対巨人戦から始まった連続試合出場は1987年6月13日の対中日戦で2131試合連続出場を果し、メジャーリーグのルー・ゲーリッグ(ヤンキース)がそれまで保持していた世界記録を更新、1987年10月22日の引退まで2215試合連続出場を果たした。1996年6月14日にメジャーのカル・リプケン(オリオールズ)に更新されるまで世界記録を保持した。

現役時代の背番号28からプロ野球ファンの間では「鉄人」(横山光輝の漫画『鉄人28号』より)と呼ばれた。1987年、中曽根首相から国民栄誉賞を与えられる。この後の発言に「おちおちトイレにも行けなくなった」とこぼしていた。さらに1996年には野球殿堂入りを果たした。背番号「3」は広島の永久欠番。現在はTBS野球解説者の他、「午後は○○おもいッきりテレビ」(日本テレビ系)のゲストコメンテーターなどタレントとしても活躍している。

長男の友章は俳優として活躍している。

<エピソード>
・国民栄誉賞を授かり一躍偉人となった衣笠だが、若い時はやんちゃで有名だった。もともと野球選手になったら、「でかい家を買って綺麗な女と結婚する」と夢見ていた衣笠少年は高校卒業18歳で契約金をもらい、さすがに家は買えなかったが、免許を取って馬鹿でかいアメリカ製の車を買った。それくらいは当然と思ったが、当時のカープはまだ創立十数年の貧乏球団。長谷川良平監督らコーチ・主力選手は、マツダ車が大半で自転車通勤の者もいた。そんなことは構わずアメ車を乗り回し、何度も事故を起こして自動車免許を取り上げられた。

・また当時の広島の最も流行に敏感な若者は、車で約1時間かかる岩国基地まで遊びに行っていた。1960年代後半はベトナム戦争の活発化・泥沼化で、極東・岩国基地は沖縄とともに最前線基地となっていて、基地の周りは兵隊で溢れ、飲み屋やゴーゴークラブなど飲食店が大いに賑わっていた。衣笠も自身の出自に関係のある兵隊達とよく飲んだ。特に仲良くなった兵隊とある晩一緒に飲んでいると、彼が「明日ベトナムへ行くんだ」と言った。大きなショックを受けた衣笠は、好きな野球をやれながら遊び回る自身を恥、以後野球に打ち込むようになったという。

・1970年、最大の恩師というべき関根潤三が打撃コーチとして入団。根本陸夫監督はリーグを代表する打者にしてくれ、と関根打撃コーチに頼み、衣笠にはマンツー・マンの過酷な練習を課した。朝・昼・夜の練習が終わって他の選手が休んだり、遊びに行く時間から更に屋上でバットを振らせた。あまりにもキツイ練習に耐えかね、ある晩衣笠は関根を無視して飲みに出た。夜中の3時過ぎに、もうそろそろいいだろう、と宿舎に帰ると、玄関で関根が待っていた。「さあやるぞ」と関根は言い、衣笠は泣きながら朝までバットを振り続けた。この話は衣笠の国民栄誉賞が決まった日に、『プロ野球ニュース』に出ていた関根(当時、ヤクルト監督に就任していた)が「いやぁあの頃は私も若かった」と衣笠との思い出話として披露した。

・連続試合出場の世界記録を更新したとき、「いつか、誰かにこの記録を破ってほしい。この記録の偉大さが本当にわかるのは、その人だけだろうから」との言葉を残した。衣笠の記録はアメリカでも非常に高く評価されており、現在でも「キヌガサ」は、アメリカで最も名前の知られている日本人野球選手の一人である。カル・リプケンJrの記録更新の試合にも、来賓としてアメリカに招かれた。

<略歴>
身長・体重 175cm・73kg
血液型 O型
投打 右投げ右打ち
球歴 平安高→広島
プロ入り年度 1965年・(広島)
守備位置 捕手→内野手

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A3%E7%AC%A0%E7%A5%A5%E9%9B%84」より引用

広島東洋カープ 公式ホームページ:
http://www.carp.co.jp/

衣笠祥雄(名球会ホームページ):
http://www.meikyukai.co.jp/member/dasya/kojin/kinugasa.htm

前野重雄の球界遺産
前野重雄の球界遺産

鉄人・衣笠祥雄物語
鉄人・衣笠祥雄物語

人生、フルスイング
人生、フルスイング

BBMヒストリックコレクション2006[レコードメーカーズ]
BBMヒストリックコレクション2006[レコードメーカーズ]

続きを読む
posted by 西大路丸太 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 京都出身の有名人

2006年03月04日

伊丹十三

伊丹 十三(いたみ じゅうぞう、本名は池内 岳彦(いけうち たけひこ)、戸籍名は池内 義弘(いけうち よしひろ)、1933年5月15日 - 1997年12月20日)は、映画監督、俳優、エッセイスト。作家の大江健三郎は義弟。

<年譜>
映画監督の伊丹万作を父親として京都市右京区に生まれる。第二次世界大戦末期、湯川秀樹によって当時構想された、科学者養成のための英才集団特別科学学級で教育を受けた。中学生の時に父親は死去する。京都府立山城高等学校に入学するが、愛媛県松山市へ移り、愛媛県立松山東高等学校に転入。ここで大江健三郎と知り合う。その後、二度落第して愛媛県立松山南高等学校に転入。同校を卒業したが大阪大学理工学部を受験して失敗したため、上京し新東宝編集部を経て商業デザイナーとなる。

舞台芸術学院に学び、26歳の時大映東京に入社、「伊丹 一三」という芸名で俳優となる。

1960年に日本映画界の巨人である川喜多長政、川喜多かしこの娘の川喜多和子と最初の結婚をする。同じ年に作家であり友人の大江健三郎が妹ゆかりと結婚する。

1961年、大映を退社する。

1960年代のエッセイ『ヨーロッパ退屈日記』『女たちよ!』における、気障に映りながらも、物事の本質をその細部にいたるまで理詰めで探求していく独自のスタイルは、その後の多くのエッセイストに影響を与えたとされる。

『北京の55日』(1963年)『ロード・ジム』(1965年)などの外国映画に出演し、話題となる。その後、「伊丹 十三」と改名し、映画とテレビドラマで存在感のある脇役として活躍した。『家族ゲーム』(1983年)、『細雪』(1983年)では、キネマ旬報賞助演男優賞を受賞している。

1970年代、テレビ番組制作会社テレビマンユニオンに参加し、『遠くへ行きたい』等のドキュメンタリー番組の制作に関わる。この時培ったドキュメンタリー的手法は、その後の映画制作にも反映している。また『日本世間噺大系』『小説より奇なり』に見られる、独特の聞き書き書体はこの時代の経験を反映している。

1969年に女優の宮本信子と二度目の結婚をする。宮本との間に子供を二人もうける(長男は俳優の池内万作、次男は池内万平)。家事や子育てにも関心が深く、著書訳書もある。

岸田秀の『ものぐさ精神分析』(1978年)を読み、彼の主張する唯幻論に傾倒する。『哺育器の中の大人』(1978年)は、伊丹が岸田から唯幻論についての講義を受けるというスタイルの対談である。また、岸田らを中心に取り上げた現代思想の雑誌『モノンクル』(フランス語で“僕のおじさん”の意)を1981年に創刊し、編集主幹を務めた。しかし、6号で終刊となる。伊丹の関わった記事のいくつかは、『自分たちよ!』に収録されている。

1984年、51歳で、『お葬式』で映画監督としてデビューし、日本国内で高い評価をうけ、受賞した映画賞は日本アカデミー賞を始めとして30を超えた。その後も、食欲と性欲の未分化な人びとを喜劇的に描いた『タンポポ』、国税局査察部、通称「マルサ」に対する徹底した取材を元にした『マルサの女』、ヤクザの民事介入暴力と戦う女弁護士を描いた『ミンボーの女』など、日本の社会に対する強い問題意識をもちながら、かつ、エンターテイメント性に富み、映画史的引用や細部にこだわった映画作品を作り、日本を代表する映画監督となる。

また、『ミンボーの女』を公開した直後に自宅の近くで刃物を持った五人組に襲撃され、顔などに全治三ヶ月の重傷を負うが、「私はくじけない。映画で自由を貫く。」と宣言した。その後も、自称右翼の男が『大病人』公開中の映画館のスクリーンを切り裂く事件がおこる。

『タンポポ』はアメリカでも配給され評判となった。しかし、1993年『大病人』以後の作品は批評家の評価も厳しいものとなり、また興業収入も停滞した。また、1995年の『静かな生活』は大江健三郎の原作を映画化したものである。

1997年12月20日、写真週刊誌「フラッシュ」により不倫疑惑が取り沙汰されたことに対して「死をもって潔白を証明する」との遺書を残し、伊丹プロダクションのある東京麻布のマンションから投身自殺を遂げた。享年64。

2001年、大江健三郎の小説『取り替え子』に伊丹十三を思わせる人物が描かれ、話題となった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E4%B8%B9%E5%8D%81%E4%B8%89」より引用

伊丹十三コレクション“たたかうオンナ”BOX(十三000セット限定生産)<Mar50>
伊丹十三コレクション“たたかうオンナ”BOX(十三000セット限定生産)<Mar50>

伊丹十三コレクション“ガンバルみんな”BOX(十三000セット限定生産)<Mar50>
伊丹十三コレクション“ガンバルみんな”BOX(十三000セット限定生産)<Mar50>

マルサの女2 コレクターズセット〈初回限定生産・2枚組〉
マルサの女2 コレクターズセット〈初回限定生産・2枚組〉

大病人 コレクターズセット〈初回限定生産・2枚組〉
大病人 コレクターズセット〈初回限定生産・2枚組〉

マルサの女 コレクターズセット〈初回限定生産・2枚組〉
マルサの女 コレクターズセット〈初回限定生産・2枚組〉

続きを読む
posted by 西大路丸太 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都出身の有名人

2006年03月01日

森光子

森 光子(もり みつこ、本名・村上 美津 むらかみ みつ、1920年5月9日 - )は、女優。京都府京都市出身。京都府立第一高等女学校(現京都府立鴨沂高等学校)中退。紫綬褒章、文化勲章受章。称号は東京都名誉都民。『国の家』の居候の叔父高橋国太郎の息子が高橋照一、俳優の嵐寛寿郎となるため従兄弟同士である。

<経歴>
実家は京都・三条木屋町で料亭『国の家』を経営していた(後に倒産)。戦前より従兄弟の嵐寛寿郎のプロダクション(第二次寛プロ)に所属し、寛プロが閉鎖すると新興キネマ(後の大映)所属の娘役として多くの映画に出演するが多くは「たぬき物」であり溝口健二の「祇園の姉妹」のような映画とを夢見ていた森は失望も多かった。

戦後間もなくは大阪を拠点に芸能活動を行う。1956年には朝日放送と専属契約を結び、ラジオでは「東西お笑い他流試合」の大阪方の司会、テレビでは中田ダイマル・ラケットと組んだコメディ「びっくり捕物帳」などで人気を博するが、1958年に菊田一夫に誘われ芸術座の舞台を踏んだのがきっかけで、翌1959年には東京に活動拠点を移す。同年ラジオ東京のプロデューサーで演出家の岡本愛彦と結婚(のちに離婚)。

1961年、恩師である菊田の脚本による芸術座公演「放浪記」にて主役の林芙美子役を好演。以後、現在まで公演回数1700回以上を数える森の代表作となると同時に、それまでは脇役女優であった森が主役女優へとステップアップするきっかけとなった。但し、近年においては森の年齢を考慮してか出番を減らしナレーションで説明や場面転換をする構成となり「顔見せしかしないのは観客を馬鹿にしている」との批判も大きい。

以降は「東芝日曜劇場・天国の父ちゃんこんにちは」(TBS、1966〜1974)、「時間ですよ」(TBS、1970〜1973、以後シリーズ化)、「グランド劇場・二丁目三番地」(日本テレビ、1971)、「銀座わが町」(NHK、1973)、「かくれんぼ」(日本テレビ、1981)等数多くのテレビドラマにも出演。山岡久乃、京塚昌子等とともに日本を代表する「お母さん」女優としてその人気を不動のものとする。また、1974年〜1988年までの14年間にわたり、フジテレビの看板ワイドショー番組「3時のあなた」のホステス(メイン司会)も担当し、これもまた森の代表的な仕事の一つに数えられている。更には大阪でのコメディ経験を生かしドリフターズとのコント番組にも長年出演する等、芸域の広さを視聴者に知らしめた。

ジャニーズの大ファンでもあり、特に東山紀之とは、仲がとてもいい。さらには、「絶叫コースターにも挑戦したい」といったこともある。1日に150回もスクワットをする等、80歳を越えていることを感じさせぬ容貌とバイタリティから“妖怪”と一部で揶揄される。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%85%89%E5%AD%90」より引用

【J-POP/歌謡曲:み】CDBOOK『森光子が詠む美空ひばりの詩』 マッチングアルバム美空ひばり /...
【J-POP/歌謡曲:み】CDBOOK『森光子が詠む美空ひばりの詩』 マッチングアルバム美空ひばり / 12の詩物語 (CD)

女優森光子
女優森光子

ハルとナツ〜届かなかった手紙〜 DVD-BOX
ハルとナツ〜届かなかった手紙〜 DVD-BOX
posted by 西大路丸太 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都出身の有名人

2006年02月26日

坂下千里子

坂下 千里子(さかした ちりこ、1976年4月19日 - )は日本のアイドル、女性タレント。本名坂下 恭子(さかした きょうこ)、愛称は「チリちゃん(千里ちゃん)」「チリチリ」「チポリン」。京都府京都市出身、東宇治高校卒業。亜細亜大学短期大学部卒業。身長162cm、血液型はB型。ボックスコーポレーション所属。

<来歴とエピソード>
・1994年第2回アルペンTVCMイメージガール・オーディションでグランプリとなり、同CMでデビュー。TBS「王様のブランチ」のブランチリポーター(ブラン娘)として人気者になる。その後スリムビューティハウスのCMで披露した美脚「バッチリ、チリ脚」が話題を呼びブレイク。以来、多数のバラエティー番組で活躍。
・「千里子」という芸名は事務所の社長が「古風な子に付けたい」「千里を探して見つけた子」と昔から温めていたもので、イメージに十二分に合う新人として命名、当初この芸名を嫌っていた本人も同じ名前を持つ女性からの励ましの手紙を貰った事で納得した。
・書道を13年習っていた事もあり、その腕前は師範の域である(段は八段)。
・オシャレ好きであり、バラエティ番組では常にオシャレをして出演している。時々ファッション雑誌でも紹介されている。
・高校の後輩に安田美沙子がいる。
・亜細亜大学の同級生に阪神タイガースの赤星憲広がいる。
・山崎まさよしのファン。
・高校時代はサッカー部のマネージャー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E4%B8%8B%E5%8D%83%E9%87%8C%E5%AD%90」より引用

坂下千里子 OFFICIAL WEB SITE:
http://www.box-corporation.com/chiriko/

坂下千里子写真集
坂下千里子写真集

ビデオメーカー 坂下千里子/バレエ・エクササイズ 第一巻 基礎編
ビデオメーカー 坂下千里子/バレエ・エクササイズ 第一巻 基礎編

バレエ・エクササイズ第2巻 応用編DVD【ナビゲーター: 坂下千里子】
バレエ・エクササイズ第2巻 応用編DVD【ナビゲーター: 坂下千里子】
posted by 西大路丸太 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都出身の有名人


ひらめき【JTB】京都のホテル予約ならJTBで!ぴかぴか(新しい)