2006年11月24日

任天堂(会社概要)

◆市場情報
東証1部 7974
大証1部 7974
NASDAQ NTDOY

◆本社所在地
601-8501
京都府京都市南区上鳥羽鉾立町11-1
電話番号 075-662-9600(代表)

◆設立
1947年11月20日

◆業種
その他製造

◆事業内容
家庭用ゲーム機器をはじめとした玩具の製造・販売

◆代表者
岩田聡(代表取締役社長)

◆資本金
100億6,540万円(2006年3月現在)

◆売上高
単体:4,117億円(2006年3月期)
連結:5,092億円(2006年3月期)

◆従業員数
1,348名(2006年4月1日現在)

◆決算期
3月

◆主要株主
山内溥

◆主要子会社
Nintendo of America Inc.(アメリカ合衆国)
Nintendo of Europe GmbH(ドイツ)
Nintendo France S.A.R.L(フランス)
Nintendo Benelux B.V.(オランダ)
Nintendo Australia Pty. Ltd.(オーストラリア)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%BB%E5%A4%A9%E5%A0%82」より引用

任天堂の据置型ゲーム機「Wii(ウィー)」の公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/



【Wii】Wii(ウィー)本体 12月2日発売予定 予約【いーでじ!!楽天市場ゲーム館】


【Wii】Wii(ウィー)本体★12月2日発売予定 予約【代引・カード支払い限定】【メディア・タウン楽天市場店】


任天堂 Wii本体 00D3MR【イーベストPC・家電館】


★初回出荷分!★全国送料無料!★お一人様1台ずつで お願いします!Wii [ウィー] 本体【S−プレミアムDVD&GAME館】
posted by 西大路丸太 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(6) | 京都の企業

2006年11月20日

任天堂の歴史

<<沿革>>

・1889年 - 山内溥の曽祖父、山内房治郎によって創業。主な事業は花札の製造
・1902年 - 日本で初めてトランプの製造を行う
・1933年 - 「合名会社山内任天堂」設立
・1947年 - 「株式会社丸福」設立、山内博(のちに溥と改名)が代表取締役に就任。ディズニー・キャラクタートランプを生産するためにウォルト・ディズニー・プロダクションとの取引を結ぶ
・1951年 - 「任天堂骨牌株式会社」に社名変更
・1963年 - 「任天堂株式会社」に社名変更
・1965年 - 横井軍平が入社
・1973年 - ボウリング場跡地に「レーザークレー射撃場」を展開
・1977年 - 「テレビゲーム15」「テレビゲーム6」を発売。宮本茂が入社
・1980年 - 「ゲーム&ウオッチ」を発売、電子ゲームブームが起こる。ニューヨーク州に現地法人(NOA)を設立
・1981年 - アーケードゲーム『ドンキーコング』を発売
・1982年 - NOAの規模を拡大し、ワシントン州に移転
・1983年 - 「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」を発売。ソフトに恵まれ大ヒット
・1983年4月13日 - 公正取引委員会が任天堂に対して電子玩具の小売価格を守らない業者への出荷停止はヤミ再販として排除を勧告
・1985年 - ファミコン用ソフト『スーパーマリオブラザーズ』を発売。NOAがNintendo Entertainment Systemを発売
・1986年 - 『vs. スーパーマリオブラザーズ』を最後に、アーケードゲーム事業から撤退。ファミリーコンピュータの周辺機器、ディスクシステムを発売。同時発売ソフトは『ゼルダの伝説』。業務用ファミリーコンピュータ『ファミコンボックス』を発売
・1989年 - 「ゲームボーイ」を発売
・1990年 - ファミリーコンピュータの後継機として「スーパーファミコン」を発売。旧西ドイツフランクフルトに現地法人(NOE)を設立
・1995年 - 衛星データ放送(サテラビュー)サービス開始(1999年4月に撤退)。「バーチャルボーイ」を発売
・1996年 - 「NINTENDO64(ニンテンドウ64)」を発売。「ゲームボーイポケット」、『ポケットモンスター 赤・緑』を発売
・1997年 - ローソンにてゲームソフト書き換えサービス「ニンテンドウパワー」を開始。
・1998年 - 「ゲームボーイカラー」を発売。
・1999年 - 「64DD」を発売。同機を利用したインターネット接続サービス「ランドネット」を開始(2001年2月28日に撤退)
・2000年 - 本社を現在地に移転
・2001年 - 「ゲームボーイアドバンス」、「モバイルアダプタGB」を発売。「ニンテンドーゲームキューブ」を発売
・2002年 - 岩田聡が代表取締役に就任
・2002年10月30日 - 欧州委員会が並行輸入妨害を行ったとして任天堂らに対し合計1億6780万ユーロの課徴金決定。
・2003年 - 「ゲームボーイアドバンスSP」を発売。ファミリーコンピュータ、スーパーファミコンの生産を終了。中国に現地法人神游科技を設立し、「iQue Player」を発売。「クラブニンテンドー」サービス開始
・2004年 - 『ファミコンミニ』シリーズを発売。「ニンテンドーDS」を発売
・2005年 - 「ゲームボーイミクロ」を発売。「ニンテンドーWi-Fiコネクション」サービス開始
・2006年 - 「ニンテンドーDS Lite」を発売
・2006年12月2日 - 新世代家庭用ゲーム機Wiiを発売予定
(2006年9月14日現在の情報)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%BB%E5%A4%A9%E5%A0%82」より引用


任天堂ホームページ
http://www.nintendo.co.jp/



【Wii】Wii(ウィー)本体 12月2日発売予定 予約


★初回出荷分!★全国送料無料!★お一人様1台ずつで お願いします!Wii [ウィー] 本体


任天堂 [Wiiソフト]おどるメイドインワリオ RVL-P-RODJ


任天堂 [Wiiソフト]はじめてのWiiパック RVL-R-RHAJ


任天堂 [Wiiソフト]スポーツ RVL-P-RSPJ
posted by 西大路丸太 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(9) | 京都の企業

2006年04月12日

嵯峨野観光鉄道(嵯峨野トロッコ列車)

嵯峨野観光鉄道(さがのかんこうてつどう)は、京都府京都市と亀岡市で山陰本線旧線を利用して嵯峨野観光線にトロッコ列車を運行している会社。西日本旅客鉄道の完全子会社である。本社は京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町。

電化・複線化のため、山陰本線(嵯峨野線)の嵯峨(現在の嵯峨嵐山)〜馬堀間が、1989年3月に新線に切替えられたが、景勝地として名高い保津峡に沿って走るこの旧線を観光鉄道として活用することになり、1991年からトロッコ列車の運行を開始している。

このほか、トロッコ列車の京都側の始発駅であるトロッコ嵯峨駅の駅前には、19世紀の科学技術や芸術を展示している「19th CENTURY HALL」(19世紀ホール)があり、これの運営も行っている。19世紀ホールには、D51形などの蒸気機関車なども展示されている。

<歴史>
1990年11月4日 設立。
1991年4月27日 嵯峨野観光線トロッコ嵯峨〜トロッコ亀岡間が開業。
2002年11月 イメージキャラクター「トロッキー」登場。
2003年4月 トロッコ嵯峨駅前に19世紀ホールがオープン。

嵯峨野観光鉄道嵯峨野観光線

嵯峨野観光線(さがのかんこうせん)は、京都府京都市右京区のトロッコ嵯峨駅から京都府亀岡市のトロッコ亀岡駅までを結ぶ嵯峨野観光鉄道の鉄道路線である。

電化・複線化のため、1989年にルートが変更された山陰本線の嵯峨嵐山〜馬堀間の旧線を活用して、1991年からトロッコ列車が運行されている。

保津峡に沿った風光明媚な区間を走る。車窓からは秋には紅葉、春には嵯峨野観光鉄道社員が植えた桜が見られる。亀岡への往路に嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車、復路に保津川下りの船と組み合わせて乗る観光客も多い。

ちなみに、運転シミュレーションゲーム「電車でGO!」(初代)では山陰本線の上り普通列車が運転できるが、この旧線を運転することになる。

嵯峨野観光線の線路は現在も西日本旅客鉄道(JR西日本)が所有しており、嵯峨野観光鉄道がこれを利用して列車を運行している。トロッコ嵯峨〜トロッコ嵐山間に山陰本線との一部共用区間があり、トロッコ亀岡発の列車は山陰本線の下り線を逆走する形で運転する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B5%AF%E5%B3%A8%E9%87%8E%E8%A6%B3%E5%85%89%E9%89%84%E9%81%93」及び「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B5%AF%E5%B3%A8%E9%87%8E%E8%A6%B3%E5%85%89%E9%89%84%E9%81%93%E5%B5%AF%E5%B3%A8%E9%87%8E%E8%A6%B3%E5%85%89%E7%B7%9A」より引用

嵯峨野観光鉄道 公式ホームページ:
http://www.sagano-kanko.co.jp/

ぶらりニッポン鉄道の旅(西日本編)
ぶらりニッポン鉄道の旅(西日本編)

絶景秋列車の旅
絶景秋列車の旅

京あられ詰合せ 嵯峨野(18袋入り)【化粧箱入り】 【お買い物フルコース0407】
京あられ詰合せ 嵯峨野(18袋入り)【化粧箱入り】 【お買い物フルコース0407】

京都嵯峨野の四季折々の花を描いた芸術品『煮物椀 内嵯峨野』【送料無料】
京都嵯峨野の四季折々の花を描いた芸術品『煮物椀 内嵯峨野』【送料無料】
posted by 西大路丸太 at 20:42| Comment(28) | TrackBack(3) | 京都の企業

2006年03月06日

アイフル

アイフル株式会社 (AIFUL CORP.) は日本の消費者金融業。クレジットカード会社のライフ、事業者金融のビジネクスト、シティズ、消費者金融のワイドなどを傘下に治めるアイフルグループの中核企業。 独自のスコアリングシステムによる与信ノウハウを有しており、テレビCMで起用したチワワのくぅーちゃんの効果もあり、増収増益を維持している。業界第3位。

また、消費者金融業(サラ金)の常として営業活動やその後の取り立てが強引で、2005年4月16日には、「アイフル被害対策全国会議(アイフル被害者の会)」が被害者や弁護士などを中心に結成されている。

なお、住宅会社のアイフルホーム(EYEFULHOME)とは何ら関係無い。

<概要>
東京証券取引所一部、大阪証券取引所一部上場。
本社所在地 京都市下京区烏丸五条上る高砂町381-1
登録番号 近畿財務局長(7)第00218号

<CM>
かつては関西だけのローカルコマーシャルでお自動さんとして知られた。その後全国展開により、チワワのくぅーちゃんを使ったテレビCMが有名。CMキャラクターは、女性アイドルの安田美沙子と俳優の清水章吾を起用。

しかしながら消費者金融大手アイフルのチワワなどを使ったテレビCMなどについて、「アイフル被害対策全国会議」が2006年1月18日、社団法人日本広告審査機構に中止や適正化を求める苦情申し立てを行った。同会議は「CMでは実質年率が最高28.835%と表示しているが、これが利息制限法違反の無効な金利であることを示しておらず、視聴者に誤解を与える。また、チワワなどを使って現実と懸け離れたソフトなイメージの宣伝広告を行っている」という理由を示している。

キャッチコピーは「どうする?アイフル」 以前は浅野忠信がCMに出演していた際に使われていたコピーだが、奇抜さからかあまり使われないまま、キャッチコピーだけ残しチワワのCMとなった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%AB」より引用

アイフル 公式サイト:
http://www.aiful.co.jp/
posted by 西大路丸太 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の企業

2006年03月02日

オムロン

オムロン株式会社(OMRON Corporation)は制御機器、電子部品を中心とする大手メーカー。一般消費者には健康器具で有名。本社所在地は京都市下京区塩小路通堀川東入。

社名は、かつて本社を置いていた京都市右京区花園(京都市西北部)の通称「御室」(おむろ)から。

自動改札機、ATM(現金自動支払機)など世の中にない製品を創り出すベンチャー精神がある。前者はプロジェクトXで取り上げられたことがある。近年は液晶のバックライトが有名。

世界4極に地域統括本社を設置(日本、アメリカ、オランダ、中国)。近年、中国を中心とした海外へのビジネス展開に積極的。

2004年からはSMAPの香取慎吾がイメージキャラクターを務めている。

熊本県山鹿市を本拠地とする女子ハンドボール部は日本リーグに第1回から参加しており、2004年までに10回の優勝を誇る名門である。ただし最後の優勝は1997年で、以降は広島メイプルレッズ(2000年まではイズミ)の後塵を拝している。

<沿革>
1930年 - 立石一真が京都市下京区で「彩光社」を設立
1933年 - 大阪市都島区東野田に「立石電機製作所」を創業
    (公式にはこの年が創業年)
1948年 - 「立石電機株式会社」設立(法人化、公式にはこの年が設立年)
1962年 - 大阪証券取引所第2部に上場
1966年 - 東京証券取引所第1部に上場
1990年 - 「オムロン株式会社」に社名変更

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%B3」より引用

オムロン 公式ホームページ:
http://www.omron.co.jp/

◇おすすめ品◇体重体組成計オムロン(OMRON) カラダスキャンHBF-354IT
◇おすすめ品◇体重体組成計オムロン(OMRON) カラダスキャンHBF-354IT

オムロン HBF-354IT用万歩計 ヘルスカウンターHJ-710IT
オムロン HBF-354IT用万歩計 ヘルスカウンターHJ-710IT

2割引期間中【★】オムロン 耳式体温計けんおんくんミミ MC-150
2割引期間中【★】オムロン 耳式体温計けんおんくんミミ MC-150

オムロン デジタル自動血圧計 HEM-7011デジタル血圧計HEM7011 
オムロン デジタル自動血圧計 HEM-7011デジタル血圧計HEM7011 

オムロン 電子体温計 けんおんくん MC-670
オムロン 電子体温計 けんおんくん MC-670
posted by 西大路丸太 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の企業

2006年02月20日

佐川急便

佐川急便株式会社(さがわきゅうびん、Sagawa Express Co., Ltd.)は、日本有数の大手運送業者である。本社を京都府京都市南区上鳥羽角田町68に置く。

<来歴>
佐川急便の創業は、1957年に佐川清が京都・大阪間を中心とする運送事業を興したことにある。

法人としての佐川急便は1966年に設立され、まず北陸地方、近畿地方、中国地方、九州地方、四国地方に営業を拡大し、1988年までに関東地方、中部地方、東北地方、北海道にも営業を拡大した。

1998年からは本格的に宅配便事業にも参入(ただし大口より個人への配達は以前より行っていた)し、運送業界最大手とされるヤマト運輸を追い上げている。

ただ、ヤマト運輸や日本通運などの他社と異なりコンビニエンスストアや一般商店といった、一般個人からの発送窓口があまり多くないため、もっぱら発送元は、営業活動で開拓した企業(通信販売商品の発送が多い)に限定される。強力な営業活動や発送条件に無理が利くことから、発送個数の多い通信販売企業の利用が活発である。ただし柔軟な時間指定が可能なため(現在の所宅配部門で深夜時間帯の配達が可能なのは佐川急便のみ)利用者も年々増えている。

主な大手顧客としては千趣会やジャパネットたかたなどである。

業界のトラック運転手の間では、“佐川ダッシュ”(配送員は勤務中、常に走る事を義務付け)に代表される労働条件と高額の給与で知られ、佐川急便での勤務経験は、いわば勲章ないしは実力証明ともなっているようである。

佐川急便グループでは、すべての従業員が通勤に二輪車を使うことを禁止している(ただし自転車は可能)。

また佐川急便もメール便事業に乗り出し、飛脚メール便を始めた。大手顧客としてはアマゾン.comがある。だが、飛脚メール便はほとんど委託業者に任せている関係上、メール便の配送状態が自社内で調査が出来ない、土日配送しないといった問題がある。更には2004年11月に、3万2千通もの未配達メール便を委託業者が隠していた問題が発覚した。ヤマト運輸もそれと同じ日に新潟県などでメール便計約4800通が未配達だったと発表し、他社のメール便と比べて質が悪いとも揶揄される。一方、日本郵政公社が冊子小包の大口割引率を引き上げた際には、これを逆利用する「佐川ゆうメール」を開始している。これは、佐川急便は集荷のみを行い、集荷したメール便は佐川急便を差出人として郵便局に出し、郵便のネットワークで配達するものである。

労働条件については監督官庁からの警告がしばしば発せられ、1992年には、裏金を使った政界工作のいわゆる「東京佐川急便事件」を引き起こし、2001年には奈良県警を舞台とした汚職事件「奈良佐川急便事件」も発生した。その為、近年では地域法人の完全統合、コンプライアンス(法的遵守)推進、給与制度の見直し等を行い、現在では過酷な労働条件と引き換えの高額の給与というのは過去のものとなっているようである。

佐川急便出身者としてはワタミフードサービスの渡邉美樹社長の”1982年11月から1年間、佐川のドライバーとして働いて月25万円を貯め、自己の開業資金300万円を作った。”というエピソードが有名。またソフト・オン・デマンド前社長の高橋がなり氏も1年間佐川急便のセールスドライバーを行っていた。元野球選手の藤王康晴氏も一時在籍した記録がある。

入社後は研修所にて概ね1週間の研修を受ける。携帯電話・金銭(小銭以外)は研修終了まで預けるようになる。
この1週間で佐川急便の社是や精神論、運転技術が徹底的に叩き込まれる。研修期間中にすべての検定項目に合格できないと、研修終了後も補習を受ける事となる。

2006年3月21日付で、佐川急便株式会社が株式移転で純粋持株会社「SGホールディングス株式会社」を設立し、佐川急便など各事業会社を傘下に置く。2006年2月の株主総会で正式に決まる予定。

<トラックの塗装>
1990年代まではトラックボディに飛脚マークと「佐川急便」の文字のみといった単純なものであったが、最近は「TRAN'SPORT COMMUNICATION SAGAWA」の会社名ロゴに銀をベースとし、白・青色の波状のデザインのカラーの新塗装車両も導入し、年々その比率を増やしている(これを「ギャラクシーカラー」と呼ばれている)。

<グループ統一スローガン>
「安全、環境、そしてサービス すべての品質を世界標準へ」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E5%B7%9D%E6%80%A5%E4%BE%BF」より引用

佐川急便 公式ホームページ:
http://www.sagawa-exp.co.jp/

加藤ローサ(佐川急便イメージキャラクター)のブログ:
http://rosa.cocolog-nifty.com/

加藤ローサ(ソニー・ミュージックアーティスツ):
http://www.sma.co.jp/artist/rosa/
posted by 西大路丸太 at 20:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 京都の企業

2006年02月03日

α-Station(エフエム京都)

株式会社エフエム京都(-きょうと、英称:Fm-Kyoto Inc.)は、京都府にあるFM放送局。周波数は89.4MHz。空中線電力はNHK小塩山FM放送局より3kW(最大実効輻射電力5.85kw)で、コールサインはJOKV-FM。愛称α-Station(アルファーステーション)。正式局名より愛称のほうが浸透している。

開局当初は「α」=「心地よさ」をコンセプトに24時間1フォーマット編成を採用、DJの事を“エアパートナー”と呼んでいた。また、開局当初から翌年4月の改編前日まで“α-Station”という愛称よりも正式局名を前面に出しており、この期間はジングルでも“エフエム京都”とアナウンスしていた。

ラジオ局では珍しいネットワークに加盟しない独立局である。関西地区のFM局ではKiss-FM KOBEに続いて2局目の独立局として開局。2003年4月1日、Kiss-FMがJFNに加盟したのに伴い、関西で唯一の独立FM局となった。独立系のFM局は他にNACK5、bayfm、FMヨコハマ、FM PORT、FM-FUJIがある。

独自に番組を製作し10年連続で京都・滋賀エリアで聴取率シェアがNo.1である(2004年1月現在)。ただ、この聴取率調査が、他局が全く調査を行っていない時期である(同府内のKBS京都など、関西のラジオ各局は毎年6月・12月であるが、エフエム京都は毎年11月に「α-AUTUMN FESTA(アルファーオータムフェスタ)」と銘打って行われている)ため、制度上の問題もあるが、どこまでデータに信用性があるかを疑問視する声もある。

一時期、「MIDNIGHT ROCK CITY」などNACK5の一部の番組をネットしていた時期もあった。

放送対象地域は京都府だが、滋賀県、大阪府のほぼ全域と奈良県、兵庫県、岡山県、徳島県、香川県、福井県、三重県、愛知県の一部地域にも電波が届いていて、これら遠方の地域でもリスナーが多く、特に、奈良県内の企業・自治体が地元・京都府のものに次ぐ多さのCMを流している。

放送時間は月曜未明2:00 - 5:00のメンテナンスタイムを除いて、午前5:00起点の24時間放送。

1995年から数年ほど、放送休止中はミュージックバードの『GROOVE9』がそのまま流されていた。

古い音響機器を使用しているため、アナログ感のあるサラウンドの効いた音質である。また、最近の曲よりも70〜80年代の洋楽、CMのほうが音質が立体的に聞こえる。

開局当初はノルウェーの歌手SILJEが歌う「Kyoto Wind」という曲をステーションソングとしていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%95%E3%82%A8%E3%83%A0%E4%BA%AC%E9%83%BD」より引用

α-station 公式ホームページ:
http://fm-kyoto.jp/
posted by 西大路丸太 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の企業

2006年02月02日

京セラ

京セラ株式会社(きょうせら)(東証: 6971、NYSE: KYO)は、大手の電子機器、情報機器、光学機器、セラミック関連メーカー。本社は京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地。

<沿革>
1959年4月 京都市で「京都セラミツク株式会社」創業。
1971年10月 大阪証券取引所第2部、京都証券取引所(現大証)に上場
1972年9月 東京証券取引所第2部に上場
1974年2月 東京証券取引所及び大阪証券取引所第1部に昇格
1982年10月 「京セラ株式会社」に社名変更。
1983年10月 ヤシカを合併
1986年3月 タイトーに資本参加
1998年8月 京都市伏見区に本社を移転、キンセキ(現・京セラキンセキ)に資本参加
2000年5月 三田工業(現・京セラミタ)に資本参加
2004年10月 カーライルと共にKDDIよりウィルコム(旧DDIポケット)を買収。
2005年9月 コンタックス事業終了にともないカメラ事業から撤退。
2005年9月 タイトーをスクウェア・エニックスに売却。

「」より引用

京セラ 公式ホームページ:
http://www.kyocera.co.jp/

コンタックス(京セラのカメラ・ブランド)については、追記を参照

続きを読む
posted by 西大路丸太 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の企業

2006年01月26日

任天堂

任天堂(にんてんどう 東証1部:7974)は、玩具・ゲームを製造する日本の株式会社。特に家庭用ゲーム機業界では世界的に有名な企業。本社は京都市。1889年9月23日創立。

Nintendo(ニンテンドー)は、1990年代まで北米でビデオゲーム一般を指す俗語としても使われた。

<略歴>
・1889年
- 花札の製造のために山内房治郎によって創業。
・1947年
- 会社として設立、山内博(のちに山内溥と改名)が代表取締役に就任。ディズニー・キャラクタートランプを生産するためにウォルト・ディズニー・プロダクションとの取引を結ぶ。
その後、トランプや花札と並行して「ラブテスター」など様々な玩具を手がけるようになる。
・1977年
- 「テレビゲーム15」「テレビゲーム6」を発売。
・1980年
- 業務用ゲーム(アーケードゲーム)『ドンキーコング』を発売。玩具業界ではゲーム&ウォッチを発売、電子ゲームブーム。
・1983年
- ファミリーコンピュータ(ファミコン)を発売。ソフトに恵まれ大ヒット。
・1983年4月13日
- 公正取引委員会が任天堂に対して電子玩具の小売価格を守らない業者への出荷停止はヤミ再販として排除を勧告。
・1985年
- ファミコン用ソフト『スーパーマリオブラザーズ』を発売。
・1986年
- 『vs. スーパーマリオブラザーズ』を最後に、業務用ゲーム事業から撤退。ファミリーコンピュータの周辺機器、ディスクシステムを発売。同時発売ソフトは『ゼルダの伝説』。業務用向けファミリーコンピューター『ファミコンボックス』を発売。
・1989年
- ゲームボーイを発売。
・1990年
- ファミリーコンピュータの後継機としてスーパーファミコンを発売。
・1995年
- 衛星データ放送(サテラビュー)サービス開始(1999年4月に撤退)。バーチャルボーイを発売。
・1996年
- NINTENDO64(ニンテンドウ64)を発売。ゲームボーイポケットを発売。
・1997年
- ローソンにてゲームソフト書き換えサービス「ニンテンドウパワー」を開始。
・1998年
- ゲームボーイカラーを発売。
・1999年
- 64DDを発売。同機を利用したインターネット接続サービスを開始。
・2000年
- 本社を現在地に移転する。
・2001年
- ゲームボーイアドバンスを発売。ニンテンドーゲームキューブを発売。
・2002年
- 岩田聡が代表取締役に就任。
・2002年10月30日
- 欧州委員会が並行輸入妨害を行ったとして任天堂らに対し合計1億6780万ユーロの課徴金決定。
・2003年
- ゲームボーイアドバンスSPを発売。ファミリーコンピュータ、スーパーファミコンの生産を終了。iQue Playerを発売し、中国市場に進出。
・2004年
- 「ファミコンミニ」シリーズを発売。ニンテンドーDSを発売。
・2005年
- ニンテンドーゲームキューブの後継機レボリューション(仮称)、ゲームボーイシリーズの新型ゲームボーイミクロ発表。ゲームボーイミクロは同年9月に発売。11月にニンテンドーWi-Fiコネクションサービスを開始。
・2006年
- レボリューション(仮称)を発売予定。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%BB%E5%A4%A9%E5%A0%82」より引用

本社所在地:
京都府京都市南区上鳥羽鉾立町十一丁目1番

公式ホームページ:
http://www.nintendo.co.jp/

続きを読む
posted by 西大路丸太 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の企業


ひらめき【JTB】京都のホテル予約ならJTBで!ぴかぴか(新しい)