2007年04月03日

京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアム(きょうとこくさいまんがみゅーじあむ Kyoto International Manga Museum)は、京都市中京区の旧・龍池小学校跡地にある漫画の博物館。明治時代の雑誌や戦後の貸本などの貴重な歴史資料、現代の人気作品、世界各国の名作など約20万点を所蔵している。


<概要>

国内外の漫画に関する貴重な資料を集める日本初の総合的な漫画ミュージアムとして2006年11月25日に開館した。

マンガ学部を持つ京都精華大学と、土地・建物を提供した京都市によって、共同事業として整備が進められたもので、現在は市と大学で組織される運営委員会の下、大学が管理・運営している。

館長には『バカの壁』などの著書で知られる解剖学者、養老孟司が非常勤で就任している。また、近世思想史や美術史などを専攻する研究員4人が所属し、まんが文化の研究にあたっている。

施設は廃校になった旧・龍池小学校の校舎を改築(一部増築)して利用している。この建物の改修及び設計は、株式会社 類設計室が行った。一般公開のギャラリーゾーン、研究ゾーン、資料収蔵ゾーン、地域利便施設によって構成されており、常設展示、企画展示、龍池歴史記念室の他、ミュージアムショップ、喫茶が併設されている。ミュージアムの顔としては、総延長140メートルの書架に4万冊が並ぶ「マンガ本の壁」がある。また屋外の芝生にマンガを持ち出して読むことが可能。一度チケット購入すれば、その日の内なら何度でも再入場も可能である。

なお、『ジャングル大帝』のフランス語版や『名探偵コナン』の中国語版といった世界各国の日本マンガの現地版も収蔵されているが、それらの収集にはオーストラリアのモナシュ大学日本研究センターやドイツのライプチヒ大学が協力している。

京都国際マンガミュージアム - Wikipedia」より引用


<アクセス>

京都市営地下鉄烏丸線・東西線『烏丸御池駅』すぐ
scale:25000
35/0/30.384,135/45/42.509



京都国際マンガミュージアム

京都精華大学

2006年03月27日

京都府立陶板名画の庭

京都府立陶板名画の庭(きょうとふりつとうばんめいがのにわ)は京都市左京区下鴨にあり古今の名画を陶器の板に転写して展示している屋外美術館である。

<概要>
陶板画は原画を撮影したポジフィルムを元に写真製版技術により陶製の板に転写し焼成したものである。その性質上変色や腐食が起こらないので屋外にあっても永く保存することが可能である。どの絵も複数の陶板で構成されている。

この種の美術展示施設としては世界初のものである。 展示されている絵画は世界の名画8点が選ばれていおり、内4点は元々1999年の国際花と緑の博覧会の為に制作され残り4点はこの施設の為に作られたものである。 制作は大塚オーミ陶業株式会社の信楽工場で行われた。

これらの陶板画は堺屋太一の企画発案により所有者であったダイコク電機取締役、栢森新治より京都府に寄贈されたもの。 オープンエアの建物は安藤忠雄の設計により平成6年(1994年)3月に完成した。

<展示絵画>
睡蓮・朝 - モネ
 フランス-パリ - オランジェリー美術館 - 200cm x 1275cm (ほぼ原寸)

鳥獣人物戯画 - 伝・鳥羽僧正
 京都高山寺 - 甲巻60cm x 2262cm、乙巻60cm x 2400cm (縦横原寸の2倍)

最後の審判 - ミケランジェロ
 バチカン - システィナ礼拝堂 - 1430cm x 1309cm (ほぼ原寸)
 1990年当時の状態を再現

最後の晩餐 - レオナルド・ダ・ビンチ
 イタリア - ミラノ - サンタ・マリア・デル・グラツィエ修道院 - 432cm x 886cm (ほぼ原寸)

晴明上河図 - 伝・張澤端
 台湾 - 台北故宮博物院 - 35cm x 1200cm (縦横原寸の約2倍)

ラ・グランド・ジャット島の日曜日 - スーラ
 アメリカ - シカゴ美術館 - 205cm x 305cm (ほぼ原寸大)

テラスにて - ルノアール
 アメリカ - シカゴ美術館 - 100cm x 81cm (縦横原寸の2倍)

糸杉と星の道 - ゴッホ
 オランダ - クレラー・ミュラー美術館 - 92cm x 73cm(縦横原寸の約2倍)

<アクセス>
京都市営地下鉄烏丸線 - 北山駅すぐ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E7%AB%8B%E9%99%B6%E6%9D%BF%E5%90%8D%E7%94%BB%E3%81%AE%E5%BA%AD」より引用

京都府立陶板名画の庭 公式ホームページ:
http://www.kyoto-toban-hp.or.jp/

【九谷焼・特撰作家・谷敷正人】10号飾皿・桜花爛漫
【九谷焼・特撰作家・谷敷正人】10号飾皿・桜花爛漫

黒マット グリル陶板/10%OFF0325アップ祭10
黒マット グリル陶板/10%OFF0325アップ祭10

■備前焼  陶板  ■駒形九磨作窖窯(あながま)焼成    48センチの長さ全体に白っぽく焼...
■備前焼  陶板  ■駒形九磨作窖窯(あながま)焼成

マイセン陶板/フラワー
マイセン陶板/フラワー

2006年02月14日

京都府立堂本印象美術館

京都府立堂本印象美術館(きょうとふりつどうもといんしょうびじゅつかん)は、京都府京都市北区にある美術館。

1966年(昭和41年)、日本画家堂本印象が自らの作品を展示するために設立した美術館で、その斬新な概観は堂本印象自らのデザインによる。「きぬかけの路」沿道に位置し、豊かな自然と多くの名刹に囲まれている。

美術館と所蔵作品は、1991年(平成3年)に京都府に寄贈され、京都府立堂本印象美術館となった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E7%AB%8B%E5%A0%82%E6%9C%AC%E5%8D%B0%E8%B1%A1%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8」より引用

京都府立堂本印象美術館 公式ホームページ:
http://www2.ocn.ne.jp/~domoto/

堂本印象

堂本 印象(どうもと いんしょう、1891年12月25日 - 1975年9月5日)は日本画家。帝室技芸員。芸術院会員。京都府生れ。本名:堂本三之助。

1910(明治43)年、京都市立美術工芸学校卒業後、西陣織の図案描きの仕事をしていたが、日本画家を志して京都市立絵画専門学校に入学。1919(大正8)年、帝展初出展作「深草」が入選した。帝展第3回展では「調鞠図」で特選、第6回展に出展した「華厳」は帝国美術院賞を受賞するなど第一級の日本画家として認められた。

また、私塾東丘社の主催者として、画壇の指導者としても活躍した。

戦後、抽象表現や障壁画の世界にも活躍の場を広げ、国際展覧会に多くの作品を出展するなど国際的にも活躍。1961(昭和36)年には文化勲章を受賞した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%82%E6%9C%AC%E5%8D%B0%E8%B1%A1」より引用

堂本印象 リトグラフ「はるかに海見ゆ」
堂本印象 リトグラフ「はるかに海見ゆ」

堂本印象 シルクスクリーン「桔梗」
堂本印象 シルクスクリーン「桔梗」

堂本印象「清秋譜」
堂本印象「清秋譜」

堂本印象「水郷雨後」
堂本印象「水郷雨後」

2006年02月09日

島津創業記念資料館

島津創業記念資料館(しまづそうぎょうきねんしりょうかん)は、島津製作所が1975年に創業100周年を記念して、初代創業者の島津源蔵を偲んで開設した資料館。1888年と1894年に建設された創業当時の建物をそのまま使っている。

文書・器械展示のほか、ノーベル賞受賞者・田中耕一関連のパネル展示もある。

京都府京都市中京区木屋町二条南に位置し、最寄駅は京都市営地下鉄東西線京都市役所前駅、京阪電気鉄道三条駅 (京都府)。9時30分から17時まで開館し、定休日の水曜日と年末年始は休館する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%B4%A5%E5%89%B5%E6%A5%AD%E8%A8%98%E5%BF%B5%E8%B3%87%E6%96%99%E9%A4%A8」より引用

島津製作所 公式ホームページ:
http://www.shimadzu.co.jp/


ひらめき【JTB】京都のホテル予約ならJTBで!ぴかぴか(新しい)